うつ病を招きやすい身体疾患

うつ病を招きやすい体の病気(身体疾患)があります。

うつ病を招きやすい主な身体疾患としては、がん、糖尿病、心筋梗塞、脳血管障害などがあげられます。

がんの場合、20%程度の患者がうつ病に罹っているといわれています。さらに、末期がんの患者では、半数程度にまで高まるといわれています。

糖尿病の人がうつ病を発症する割合も高く、がんと同様、20%程度という報告があります。糖尿病の場合、完全に治らないという精神的なダメージのほかに、モノアミンという脳内物質とインスリンの双方の分泌システムに異常があるためではないかと考えられています。

糖尿病の人がうつ病になると、気力や意欲も低下し、十分な血糖コントロールができず、合併症が起こりやすいことが指摘されています。

心筋梗塞にうつ病が併発した場合、心筋梗塞の治療に大きな支障を来すといわれています。いつ心筋梗塞の発作が出るか分からないという不安を抱え、気力も衰え、医師の指示を守りながら日常生活を送ることが難しくなるためです。

脳血管障害では、手足の麻痺などが残り、それが原因で気分が落ち込み、うつ病を招きやすくなります。また、脳の障害がモノアミンの働きを阻害して、うつ状態を引き起こすとも考えられています。

実際、脳血管障害の人の30%程度が、半年から2年後にうつ病を発症するといわれています。

<関連記事>
糖尿病とうつ病の併発

(2009年5月27日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。