うつ病と偏頭痛

偏頭痛は、うつ病の症状としてもよく現れます。

うつ病の症状はさまざまで、食欲不振、不眠、気分の落ち込み、疲労感などがありますが、これらと同じくらい偏頭痛という症状でも現れます。

うつ病に伴う偏頭痛の原因としては、脳内神経伝達物質セロトニンが減少することによって引き起こされると考えられています。

うつ病に伴う偏頭痛は、通常の偏頭痛と比較して特徴があります。

通常、偏頭痛は突然発生し吐き気などを伴いますが、うつ病に伴う偏頭痛は、朝起きた時からすでに頭痛が起きており、それが持続するという点が特徴的です。

うつ病に伴う偏頭痛の場合、うつ病の治療を行うことが偏頭痛の治療にもつながります。なお、偏頭痛によりさらに気分が落ち込むようだと、さらに偏頭痛がひどくなるといった悪循環に陥りますので、早期のうつ病治療が重要になります。

<関連記事>
ドグマチールについて

(2009年5月22日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。