うつ病に対する偏見の目

うつ病をはじめとした精神疾患に対する偏見やスティグマ(stigma:もともとは奴隷や犯罪人に押した焼印・烙印を意味する英語で、現在では精神障害者などに対して差別や不利益を与える社会心理現象を意味するようになっています。)は、まだまだ根強いものがあると思います。

風邪に罹った場合は「カゼひいちゃったよ」と人に気軽に言えますが、うつ病に罹った場合「うつ病になっちゃったよ」とは、なかなか言えません。(言う気力さえないかもしれません。)

また、うつ病で長期休職後に復職するときは、本人にとってはかなりの抵抗感があるはずです。復職時では、うつ病が寛解して完全に元の状態に戻っているわけではないので、自信もなく強い不安を持っているのです。

このような状況の中で職場復帰を果たしたとしても、うつ病などの精神疾患に対する正しい情報が浸透しておらず、復職後においても必要となる時短などのリハビリがうまくいかず、また、周囲からは、病気が治ったのに意欲がないとか、怠けているなどの評価をされては、せっかくの回復が水泡に帰し、再発をまねくことになりかねません。

うつ病などの精神疾患は、偏見がもたれやすい分野であることは事実で、すぐには偏見をなくすことは不可能ですが、このような偏見が少しでも薄れ、また、偏見の自縛から解放され、「普通に」社会生活を送れるようにしていきたいものです。

<関連記事>
うつ病は風邪のようなもの?

(2009年4月26日掲載)
スポンサーリンク
この記事へのコメント
1. Posted by 悲劇のヒロインではない!   2011年01月07日 16:19
アルバイトで来ていた人材を新入社員として入れる都合で、今まで担当していた総務の仕事を全て外され、トップダウンで簿記のボの字もわからないまま経理課への配置転換。やり方を上司へ聞くが何も教えてくれず、ミスをすると全て私の責任。数字が大の苦手で、簿記の資格も無く、やり方もわからないまま悶々と過ごし、ミスを繰り返し、1年後うつ病を発症。1年間は職場に何も言わず通院を続けたが、1年後の真夏にとうとう体調を崩し、水も何も受け付けられない状態となり、うつ病を告白し、休職1か月。復帰半年後更に1か月休職。勤続10年半にもなるのにヒラのまま飼い殺し状態。服薬で随分と良くなり、何とか勤めてきたが、同期がどんどん昇進していく。毎日が無意味に感じ、バカらしくて仕方がない。2か月に一回の通院のための有給休暇の申請も快く思われていない。親からはお前の責任なのだから仕方ないだろうと言われ、居場所は無い。死にたいと思う。医師からは偏見を受けている、職場や親への説明ならしてあげると言われているが、現状が好転するとは思えない。やはりこのまま一生飼い殺しなのか。
2. Posted by 運営者どすこい   2011年01月07日 19:14
はじめまして。ヒロインとありましたので、女性ですよね。
まさに生き地獄って感じだね。会社の対応は不条理で冷たい。
またお話しましょう。
3. Posted by 悲劇のヒロインではない!   2011年01月11日 12:55
お返事をいただき、ありがとうございます。36歳女性です。あまりに憤っていたので、殴り書き状態のまま投稿してしまいました。すみませんでした。
生き地獄・・・そうですね。真面目に毎日仕事をし、これ以上待遇を悪くされないようヘラヘラして生きていくのかと思うとたまりません。親・兄弟が生きている間は我慢しようと思っているのですが、死にたいです。無価値で無駄な存在は消えた方がいいのだと思います。
4. Posted by 運営者どすこい   2011年01月11日 14:57
いえいえ。再度の書き込み、ありがとう。一つ提案です。HNを変えましょうか。呼びやすい名前を教えてください。
あなたは決して無価値で無駄な人ではないよ。会社はあなたをそう見ているかもしれないけれど。自分の親や兄弟の事を思う優しいあなたが、どうして無価値で無駄なのだろうか。私は全く分からない。
会社サイドの見方だけで、あなた全部が評価されるわけではないし、少なくとも、自分自身に対してそんな不当な評価を下しては、今まで一生懸命に頑張って来たあなた自身がかわいそうだと思うな。
5. Posted by ももすけ   2011年01月13日 14:18
運営者どすこい 様
「悲劇のヒロインではない!」です。
HNを「ももすけ」にしたいと思います。
よろしくお願いします。
運営者様のおっしゃるとおり、今までの自分を否定するようで悲しいのですが、うつの薬を飲むようになってから、記憶がはっきりしなかったり、ぼーっとしたり、会議に集中できなかったり、何度も同じ事を聞いたりした事で、そのたびに「そんな仕事の仕方は誰もしていない」、「もう10年だろ?いったい今まで何をやってきたんだ」と罵倒されています。そんな事が続き、無価値で無駄な人間はもういらないのだと思うようになりました。親は今のまま勤め続けてほしいようですが、かなりキツくなっています。
つづく
6. Posted by ももすけ   2011年01月13日 14:19
私の勤務している団体は職員14人の小さな財団で、基本的に部署間の異動はありません。よって、今のままでいけば年令の近い、うつ病に無理解な上司の異動も無く、私に対する評価もこのままで、この状態が定年まで続きます。なので「飼い殺し」という表現をしました。
転職活動もしましたが、就職氷河期の世の中、年齢制限も重なって、うまくいっていません。
また、兄がある映像をネットへ流したことがきっかけで、数年前逮捕されました。警察官だったので、想像を絶するショックでした。前科者の家族となった私は、結婚も完全に諦めるほかありませんでした。それ以来、今後は自分の稼ぎだけで生きていかなければならないと考えるようになり、仕事への依存度が必然的に高まって、全てひとりで抱えていっぱいいっぱいになって、パニックになっていました。うつ病が発症したのも、慣れない仕事へ異動になった事と、上司のパワハラ、兄の逮捕がきっかけだったのかなと思っています。
話が前後したり、分かりにくい点も多々あるかと思いますがお許しください。
励ましの言葉をくださり、ありがとうございました。今しばらくは、私のペースでやっていこうと、少し考えることができるようになりましたが、なかなか自分を大切にする意味が見出せません。今流行りの「孤族」であり、独居老人となって孤独死する老後が容易に想像できてなりません。
7. Posted by 運営者どすこい   2011年01月13日 21:48
ももすけさん
ありがとう。可愛いHNだね。これからもよろしく。
分かりにくい点はないよ。文章を丁寧に書いているのがよく分かります。話の前後は、あまり問題ではないかな。どれも辛い事ばかりだからね。
注意ではなく罵倒か。凶器になった言葉は、刃物より痛いね。慣れるまでの少しの間なら我慢もできるだろうけれど、ずっと今のままだとすれば、少人数の組織だけに逃げ場がなくて非常に辛いと思う。
お兄さんの逮捕は、まさに絶望以外の何物でもなかったと思う。その後は、ももすけさん一人が抱え込まなければならない状況だったんだね。
少しでも楽になるように、ももすけさん自らできる事を思うと、まずはうつ病の治療、転職または仕事のスキルアップだろうか。
抗うつ薬などの影響による集中力の低下は、薬の調整である程度改善できると思う。先生と相談しながらね。転職は今は確かに厳しい。事務職は特にね。正社員にこだわらずに派遣も視野に入れて、登録だけはコツコツしてみようか。スキルアップについては、これで問題が解決するかな?とは、ちょっと思う。今の職場で、生き生きとまた仕事ができそうに思えるかな。どうだろう。
ももすけさんの実情に合ったアドバイスではないと思うけれど、ちょっとしたヒントなら年の功で出せると思うので、これからもお話して行きましょう。見る角度によって世界は全く違って見えるから、そう悲嘆に暮れないように!
追伸
“様”でなく“さん”で。
8. Posted by ももすけ   2011年01月14日 13:33
運営者どすこいさん
ももすけです。
前回いただいたメールの追伸でおっしゃっていただいた事に甘えまして、「さん」で書かせていただきます。失礼をお許しください。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。
運営者どすこいさんの言葉から、うつ病の辛さを理解し、親身になってくださっている事をひしひしと感じます。心からの温かいエール・アドバイスをいただき、穏やかな気持ちになりました。荒んだ心が癒されています。本当にありがとうございます。言葉の力ってすごいですね。人を生かしも殺しもするし、幸にも不幸にもする。だから自身は相手を傷つける不容易な発言は厳に慎もうと運営者どすこいさんに気付かされました。
うつ病発症当初より、東京女子医大の精神神経科にかかっています。薬による副作用については、症状を先生によく説明して、相談しながら解決したいと思います。
リスパダールの服用を9月に中止してから、体調も判断能力も大分戻ってきたので、資格試験にも挑戦する意欲もわいてきました。おっしゃっていただいたように、少しでも心穏やかに楽になるよう、また、スキルアップと自信を取り戻すために、人の何倍時間がかかろうと頑張ろうという気持ちになっています。視野を広げて、自分に自信を持って生き生きとした仕事ができるよう、試行錯誤しながら頑張ってみるつもりです。
このようなサイトがある事を今まで知りませんでした。うつに思い悩む私達にとって、辛い気持ちを正直に吐露できる大変貴重な場所です。運営者どすこいさんも筆舌に尽くし難い辛い経験をしてきたのでしょうね。お察しします。
9. Posted by 運営者どすこい   2011年01月14日 17:32
ももすけさん
ありがとう。
ももすけさんが少し穏やかな気持ちになって何よりです。
言葉は言霊というから、不思議な力がきっとあるんだね。だから、ももすけさんには言葉を大切にしてほしいなと思っています。前のコメントに「自分を大切にする意味」が分からないとあったけれど、言葉を大切にすることが、その第一歩だと思う。
ももすけさんが考えているとおり、たとえ人の何倍も時間がかかったとしても、その時間は、ももすけさんにとって必要な時間なんだね。人と比較することにどれだけの意味があるか。少なくとも今は全くないと思うな。
まだまだ不安定で揺れ動くことが多いと思う。これからもエールを送るよ。
追伸
“運営者”を付けると長いから、これも取っちゃおうか。それから、ももすけさんは東京なんだね。私の会社も東京(新橋)だよ。
10. Posted by ももすけ   2011年01月17日 10:22
どすこいさん
お言葉に甘えまして。。。
どすこいさん。
自分の意見や行動を仕事の場面や親に肯定してもらうことなどほとんど無かったので、どすこいさんとコメントをやりとりしていると不思議な気持ちになります。頭から否定せず、そこまでに至った過程に傾聴し、一個の人格として対等に接し、ご意見を下さっているように感じており、生きていていいのだと言っていただいているようです。
専属のドクターと話をしているようで、何でも話してしまいそうです。自重しなくてはなりませんね。。。今までのやりとりが大変恥ずかしく感じてきました。お許しください。
今後も病気や仕事、家族の事だけでなく、今後も幾重にも色々な壁が立ちふさがると思っています。世の中甘くない、激しく厳しい競争の中みんな必死で生きているからです。そのような中で、「生きていることこそが豊か」だと自然と感じることができるような日が来るまで、よろしくお願いします。
心からのエール、ありがとうございます。これからも事あるごとにわがままな意見を寄せ、ご相談させていただくことが多々あるかと思います。申し訳ございませんがその時はどうぞよろしくお願いいたします。どすこいさんの柔らかな温かい心に感謝です。
追伸
千葉県内より電車通勤で、浜松町勤務です。数年前に事務所が移転するまでは西新橋でした。どすこいさんとすれ違っていた、あるいは今日現在もすれ違って「いる」のかもしれません!驚きました。(*_*;)
これからも「偏見」で検索して呼び出されるこの場所からの投稿でよろしいでしょうか。どすこいさんのご都合のいい場所への書き込みにした方がよろしければご指示ください。
11. Posted by 運営者どすこい   2011年01月17日 11:40
ももすけさん
あれま!お隣りの駅だったね。しかも同県人とは。世の中狭いねえ。
コメントはこの場所へどうぞ。ちなみに、他の皆さんが集まる場所はトップページ。一度覗いてみてください。話にくい事はメールでどうぞ。トップページにアドレスを記載していますが、dosukoi2@gmail.comまでお気軽に。
こちらこそ、よろしくお願いします。
12. Posted by ちょっとまって   2011年08月30日 14:48
コメントにコメントをするのはルール違反かもしれませんし、不適切でしたら、運営者様、削除お願いいたします。
ももすけ様
一連のコメントを拝見させていただきました。お辛い状況、お察しします。
職場の方々の無理解は、正直大変だと思います。
が、お兄様のこと、少しだけ味方させてください。きっとお兄様は「警察官」になるくらいだから正義感のある、立派な方なんだと思います。警察のご厄介になるようなことになったのは何ともいえませんが、それが原因で【結婚は「完全に」諦める】って言うのは、言い過ぎだと思います。
立派な名家や大財閥の方とお付き合いしていて・・・という訳でなければ、真っ当な方でしたら、話して分ると思います。
逆に、そういったことを偏見として見ないで、ももすけ様自身を心から愛してくださる方とめぐり会えるのではありませんか?
また、お兄様のされたことは「殺人」やら【障害」ではなく、ネットに流出 ですよね?
ご家族が見方になってあげないで、誰が見方になってくれるというのです。
周りの方の理解を欲する前に、ご自身から手を差し伸べる方になっていただけることをお祈りしています。
13. Posted by 運営者どすこい   2011年08月30日 15:07
はじめまして。どすこいです。
コメントありがとうございます。コメントにコメントをするのは、一般的なことは知りませんが、このサイトでは「あり」です。運営者としてはそれを願っていますし、実際、特にトップページでは当たり前になっていますよ。是非お立ち寄りください。
14. Posted by ちょっとまって   2011年08月31日 12:00
どすこい様
お返事いただきまして、ありがとうございました。
偉そうなことを書いていながら、誤字やら満載で、あとで読み返してみて恥ずかしく思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。