PTSDの心的外傷体験

PTSDにおける心的外傷体験の「体験」とは、実際に重症を負ったり、死亡したりするような災害や事件といった出来事をいい、具体的には、災害や戦争、事故、暴力(いじめや嫌がらせも含む)、性的虐待、幼児虐待などが含まれます。

PTSDの人は、心的外傷体験の後、当時の恐怖や戦慄、無力感、激しい興奮を体験(再体験)し悩みます。

体験した心的外傷に関連するような会話や場所、活動などを避けるようになり、日常生活に活気がなくなり、また、孤立しがちになり、感情が乏しくなるようなこともみられるようです。

ときに、集中力が極端に低下したり、周囲に対する過敏な反応、睡眠障害などが現れることもあるようです。

PTSDは、アメリカにおける調査では、災害や事故に遭遇した人のうち、男性で5%程度、女性で10%程度に発症がみられるといわれています。

心的外傷体験の種類によって発症率は異なり、特に身体的な危険を伴う暴力やショックによるPTSDは、女性が男性よりも高いといわれています。

PTSDの薬物治療では、一般に抗うつ薬のSSRIが用いられており、また、EMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing)という眼球運動を組み合せた方法により、心的外傷体験に伴う苦痛な感情を脱感させるという治療法もあります。

なお、PTSDは、他の精神疾患と非常に併発しやすく、特に、うつ病アルコール依存症などの依存症との併発頻度が高いとされています。

<関連記事>
「パキシル」がPTSDに適応

(2009年7月8日掲載)
スポンサーリンク
この記事へのコメント
1. Posted by えむ   2011年10月08日 19:48
こんばんは。
私は、いつも、立ち止まって振り返ってばかりいるので、なかなか前に進めません。
それでも、自分が間違っていたと気付いたら、素直に謝りたいです。
素直だったら大人だったらと思う事もあります。
迷惑でも駄目でも、今日、凄く勇気を出して書き込みをしたから、少し前に進めたと思います。
すみませんでした。
2. Posted by 運営者どすこい   2011年10月09日 08:25
えむさん
はじめまして。どすこいです。
「少し」どころか、大きな一歩ですね。えむさんが自分自身に対して素直になれた瞬間だったのではないですか?
体が大きいから大人なのではなくて、責任が大きいから大人なんですね。自ら発した言葉に、最初から最後まで責任を持つ。結果的に人を傷つけてしまったら、謝らなくてはならない。そういう責任ですね。今回の書き込みにおいて、謝らなくてはならない点は、一点もありませんよ。
3. Posted by えむ   2011年10月09日 08:53
どすこいさん
おはようございます。
ありがとうございます。
おかげさまで、長年心に刺さっているトゲの痛みが少しやわらぎました。
また、助けられました。
心から感謝しています。
本当に、ありがとうございました。
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。