心を癒す「グリシン」

グリシンは、アミノ酸の1つです。

アミノ酸は人間の体を構成する大変重要な栄養素で、「必須アミノ酸」と「非必須アミノ酸」に分けられます。

必須アミノ酸は体内では合成することができないアミノ酸をいい、一方、非必須アミノ酸は体内で合成されるアミノ酸をいいます。必須アミノ酸は、体内では合成できないため、食べ物などで摂取する必要があります。

グリシンは、この2種類のアミノ酸のうち、非必須アミノ酸に分類されます。したがって、グリシンは人間の体内で合成され、各部分に存在しています。たとえば、グリシンは、コラーゲンを構成しているアミノ酸の3分の1を占めています。

グリシンは、リラックス効果で知られるギャバ(GAVA)と同じ抑制性の神経伝達物質で、また、味の素の研究によると、グリシンには睡眠を改善させる効果が報告されていますので、朝の目覚めをすっきりとさせ、疲労感を軽くする効果も期待できそうです。

ちなみに、必須アミノ酸には、トリプトファン、バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、スレニオン、メチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニンの9種類があり、非必須アミノ酸には、グリシンのほか、アラニン、アルギニン、グルタミン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、システイン、チロシン、アスパラギン、セリンなどがあります。

(2009年10月25日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2018 「うつ」の心に癒しを。