行動療法とバイオフィードバック法

バイオフィードバック法は、行動療法の中でも高い注目を集めている技術の一つです。

バイオフィードバック法とは、人体の生理機能を電気信号として記録し、その記録を本人に還元(フィードバック)することで、症状に関係する特定の自律神経の調節能力(セルフコントロール能力)を身につけ、症状の軽減を図ろうとする行動療法の一つの方法です。

具体的には、心拍数や血圧、筋電図、脳波、皮膚電気抵抗、皮膚温度などの数値が、視覚的または聴覚的に分かりやすい信号に変換されて、本人にフィードバックされます。

心身のリラックスのレベルに応じて信号音などが変化し、その体験を通じて、よりリラックスのレベルを向上させていこうとする治療法が、バイオフィードバック法です。

バイオフィードバック法は、当初は、脳卒中後のリハビリテーションや偏頭痛、動悸、起立性低血圧など身体疾患に用いられていましたが、現在では、うつ病不安障害など精神疾患にも有効な治療法として認められています。

<関連記事>
ADHDにニューロフィードバック訓練

(2009年12月13日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2020 「うつ」の心に癒しを。