自我意識の異常と精神障害

自分自身を認識する、つまり自分が他ならぬ自分であると認識することを「自我意識」といいます。自我意識の異常(自我障害)は、主に次の3つに分類されています。

1つが「離人症」といわれるもので、自分がしているという感じがしない、自分が自分であるという実感がない、景色が生き生きと感じられないといった状態で、うつ病統合失調症などの精神疾患に多くみられるとされています。

2つ目が「作為体験」といわれるもので、自分の行動や考えが誰か(ときに電波など)に操られているといった体験(させられ体験)、考えが抜き取られたり(思考奪取)、考えが注入されたり(思考注入)、考えがひとりでに浮かんでくる(自生思考)などをいいます。作為体験は、統合失調症にみられる特徴的な症状の一つとされています。

3つ目が「同一性意識の障害(多重パーソナリティ障害)」といわれるもので、自分は過去の自分とは全くの別人と感じるもので、二つの異なる人格が交代して現れる状態(いわゆる二重人格や多重人格)です。狐や神が自分に乗り移っているといった憑依現象(ひょういげんしょう)も、同一性意識の障害に近いものとされています。

(2009年12月14日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。