森田療法と神経症治療

森田療法は、東京慈恵会医科大学の精神科教授であった森田正馬(もりたまさたけ)によって1920年頃に創始された精神療法です。

森田療法は、森田正馬自身が青年時代に神経症(現在でいう強迫性障害パニック障害)と考えられる病気で苦しみ、その自身の克服体験に基づき考案した、神経症(森田神経質)に対する治療法です。

森田療法は、人間の自然治癒力を促進し、感情執着の悪循環を断ち切ることを目的として、不安や恐怖を「あるがまま」に受け入れ、目的本位・行動本位に実行させることを、治療の基本としています。

森田療法は森田式臥褥療法(がじょくりょうほう)ともよばれ、次の4期に分けて行われます。

第1期:絶対臥褥期(1週間)
患者は、食事やトイレ以外は目覚めている時でも、横になって過ごします。一切の気晴らしは禁止され、また、個室に隔離されます。この期間は、不安や恐怖に打ち勝つのではなく、不安や恐怖を「あるがまま」に受け入れることを促されます。

第2期:軽作業期(1週間)
患者は、隔離された生活をしながら、屋外での掃除など軽作業をして過ごします。また、日記指導も開始され、1日の行動を振り返り、治療者がコメントを返します。

第3期:重作業期(1〜2か月)
患者は、畑仕事や大工仕事など重作業に取り組みます。ときに現れる不安や恐怖などネガティブな精神状態を抱えながらも、自らの役割に取り組み続けます。

第4期:社会復帰期(1週間〜1か月)
患者は、外出や外泊を通じて社会生活へ戻る準備をします。

森田療法では、不安や恐怖の軽減を直接的な目的とはせず、不安や恐怖を増幅させている要因を修正することに重きを置いています。ここで最も重要とされているのが、不安や恐怖を含めて「あるがまま」の自分と付き合うという姿勢です。

<関連記事>
森田療法の「あるがまま」

(2009年11月28日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。