ストレスと免疫機能

免疫機能は、ストレスによる様々な影響を受けることが明らかにされています。

ストレスが免疫機能に与える悪影響の具体例としては、アレルギー疾患、感染症、がん、抑うつ気分など多岐にわたります。

ストレスを受ける時間や、ストレスの種類、ストレスの量などの条件によって、免疫機能への影響は異なります。

免疫機能を担う細胞は、自律神経である交感神経と副交感神経の支配を受けています。自律神経は、血液を介して免疫機能を担うリンパ組織を調節するだけでなく、直接リンパ球に作用しているといわれています。

なお、リンパ球だけでなく、多岐にわたる免疫機能を担う細胞には、各種ホルモンや神経伝達物質に対するレセプターがあって、免疫機能を強化することがわかっています。

一般に、自律神経のうち、ストレスによる交感神経の興奮は、免疫機能を抑える(抑制する)方向に働くといわれています。

(2010年2月26日掲載)
スポンサーリンク
この記事へのコメント
1. Posted by まろん   2010年03月06日 08:12
こんにちは、初めてコメントします。
私は今パニック障害4年目・・・
最近免疫力の話し。。。よく、耳にしますね。。。で、最近、鍼灸治療に通い始めました・・・まだ通って一ヶ月・・・特にパニックに関しては効果が感じられていませんが・・・
本来の体に戻す・・・と言う意味では、ある意味東洋医学も良いかもしれませんね・・・
ちなみに私か通っている心療内科さんは
兵庫県伊丹市の駅前にある片岡医院
とても親身に話し聞いてくださる先生で、
良かったことにはとても喜んでくださいます・・・3件目ですが、やっと良い先生にめぐり合えたと思っています。
ちなみにカウンセリングも保険診療内でしてくださるので、とても良心的ですよ♪
2. Posted by 運営者どすこい   2010年03月06日 08:21
まろんさん
はじめまして。ご訪問、コメントありがとうございます。
私も調子が悪かった時に鍼治療をしたことがあります。効果の実感という点では直接的なものはありませんが、体全体から調整・治療するという点では東洋医学の独壇場ですね。
また、コメントお願いします。
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2020 「うつ」の心に癒しを。