解離性障害とは?

解離性障害の「解離」とは、ひどい虐待やいじめ、親の自殺現場に直面するなどの強い情動体験によって、人格の同一性が失われることを意味します。

解離性障害は、苦しんでいる自分を別の人格であると見立てる(解離機能)ことによって苦しい状況を回避しようとする、心因性の(心理的・環境的原因から生じる)障害です。

解離性障害は、解決が困難な問題や対人関係でのトラブルなどと密接に結びつきます。このような問題が慢性化し解離機能が日常化すると、現実の生活において、自分がまさに体験しているという感覚が失われていきます。

たとえ苦痛な経験であるとしても、自分から切り離されることにより、「何か欠けている」「自分は死んでしまった」といった空虚な感覚に襲われる場合があります。自分を守るべき解離機能が、自分そのものに対する感覚を薄め、ついに同一性を失わせるに至る病が、解離性障害です。

解離性障害の類型には、解離性健忘、解離性遁走多重人格(解離性同一性障害)、離人症などがあります。なお、離人症については、解離性障害への分類に異議を唱える専門家がいます。

解離性障害の治療の基本となるのは、まず原因となっている環境要因の排除です。次に、その人の置かれた環境や受けた体験、性格、現れている症状などとの相互関係を理解し、精神療法により別々になった人格の統合を図ります。

解離性障害の治療は、精神分析療法などの精神療法、カウンセリング、リラクゼーションが中心となります。必要に応じて、抗不安薬、抗うつ薬抗精神病薬などによる薬物治療を併用するのが一般的になっています。

しかし、別々になった人格を統合することは、容易ではありません。特に、幼い頃に受けた深い外傷体験を持つ場合や、多重人格(解離性同一障害)の場合は、治療が極めて難しいとされています。

(2010年3月15日掲載)
スポンサーリンク
この記事へのコメント
1. Posted by Hyuloo   2011年10月10日 00:15
解離性障害について、どんな本やサイトを参考になさったのでしょう。専門的なようでもあり、違和感を感じるところもあり、が感想です。
やはり医学関係の情報は信頼性を大事にしたほうが……。
2. Posted by 運営者どすこい   2011年10月10日 07:22
Hyulooさん
はじめまして。どすこいです。ご感想を寄せて頂きありがとうございます。
参考にしているものは、信頼できると判断した、市販の解説書や専門書、インターネットサイトなどです。私のこのサイトのご訪問者は、専門家ではない症状に悩む“素人”であることを前提に、私自身が理解した上で、私自身の言葉で記述している部分が、多・少あります。つまり、その部分は、病気を知る“端緒”となるように、私自身が選び考えた言葉や言い回しで構成されています。その“自家製”の部分が、Hyulooさんがお感じになった「違和感」なのかもしれません。
編集方針と言っては大げさですが、ニュースで言うなら、池上彰さんを目指しています。
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2020 「うつ」の心に癒しを。