カタルシスとは?

カタルシス(catharsis)とは、浄化、解放などを意味する言葉です。カタルシスは、悲劇を観た観客が鬱積していた感情から解放される現象を説明するためにアリストテレスが用いたのが始まりです。

カタルシスは、PTSDなどの治療において応用されることがあります。心的外傷体験(トラウマ)に伴って無意識下に抑圧された感情を患者に想起させ、それを言葉や行動で表現させます。これにより、抑圧された感情が外界に発散し、症状の改善が可能になると考えられています。

また、遊戯療法芸術療法などにおいては、自然にカタルシスが起こり、治療効果が認められることもあります。遊んだり絵を描いたりすることによって治療効果が得られるのは、その行為によって、エネルギーが放出され、緊張が発散されるというカタルシスが起こるからだと考えられています。

カタルシスという言葉は、精神分析の分野だけでなく、現在では哲学や社会学など様々な分野で用いられ浸透してきています。

ちなみに、身近な例としては、他人に愚痴をこぼすといったことでも、カタルシス効果が得られると考えられています。

<関連記事>
心を癒す「涙活」
心を癒す「悲しい音楽」

(2010年6月27日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。