過去ログ:2012年2月(5)

152. Posted by 運営者どすこい   2012年02月09日 07:49
ななさん

はじめまして。どすこいです。

ななさんの「心の叫び」聞いたよ。ななさんは留年したの?病気で休学していたから仕方ないね。

お母さんに、ななさんの飾らない素直な気持ちをぶつけようよ。「本当は苦しいんだよ、寂しいんだよ、悲しいんだよ」と。そういう気持ちをぶつけたことがある?泣き叫んで、全部ぶつけなよ。親に迷惑を掛ける、そんな気遣いは全く無用。私も一人娘の親だけど、娘の本当の気持ちが聞ければ、もちろん心配するけど、一方で少し安心すると思う。ななさんは「期待が重い」と言うけど、言葉を換えれば、それは親の「祈り」だよ。

良い子になるな。それが、回復の第一歩だと私は思う。

153. Posted by こん   2012年02月09日 10:40
遅めのおほようございます。

ななさん、はじめまして。

こんな私がいうのもなんだけれど、私も最近なんだ親にはっきり話そうと実践しているの。
人間年取るとまるくなるもんだ。実感してる。私も就職で失敗して閉じこもっていたら父に新聞投げられたこともあったよ。

私はうまく言えない時はオブラートに包んだ言い方することもあるけれど、やっぱりストレートのほうがスッキリするかも。

少しずつ感情を出す練習してみようよ!
娘の立場より・・・

えらそうなこといってごめんね。

154. Posted by ゆう   2012年02月09日 12:40
はじめまして、今日は。

幼い頃から高校まで、苛めにあっていました。しかし、親にお金を払って貰ってるのに、登校拒否なんて考えられなくって、我慢に我慢を重ねて、卒業しました。

ですが、それがきっかけだったのか。
過酸素呼吸、強迫神経症、鬱などが発症し…家族に言っても理解して貰えなかったため、思いきり手首を目の前で切りました。これで、私がどれほど苦しんでるか。けれど、ここまでしても、理解は得られずに「怠け者」「どこが病気を持ってるって?」と、言われてます。今年で31。

外に出る気もない、短期アルバイトをしてても、頭を思いっきりたたき、集中できない。最近では、自分の体は「誰か」のものだと思うようになり、自分がだれか判らなくなくなることが増えてきました。

親に面倒を見てもらってる。苦しいし、さっさと死ねば、私の家族はもっと楽になる。いつもそう思ってます。生まれてきた意味が分からず、通ってる診療の医師も、話半分しか聞いてくれないから、生きてることがつらいです。

甘え半分、苦しみ8割…

155. Posted by 運営者どすこい   2012年02月09日 12:57
ゆうさん

はじめまして。どすこいです。

ずっといじめにあって来たのかあ。辛かっただろうね。本当によく耐えて高校を卒業したと思う。

まだ31歳。人生これから。元気を取り戻す第一歩として、病院を変えてみようか。

156. Posted by ゆう   2012年02月09日 13:14
運営者どすこい さん、初めまして。

病院を、クリニックに変更しようとしたら、祖母に個人病院はだめだといわれました…
頭を見てもらえ、といわれてるんですが、頭のCTスキャンしたところで、病気が治るわけでもないのですが…

なにぶん、祖母がお金を出してくれることになってるので、大きな病院にしろと言われてます。

実は、かなり前から、あいてる病院を探していたんですが、どこも常連でいっぱいといわれて断られたり、初診料は高いくせに、問診は僅かというところが多く…仕方なしに、今の病院に通院してるといった感じです。

31にもなって、という羞恥心と情けなさで、泣き喚きたいです…

157. Posted by 運営者どすこい   2012年02月09日 13:44
ゆうさん

お祖母ちゃんとしては、可愛い孫だからこそ大きな病院にしろと言っているんだろうけどね。でも、大きな病院といっても、診るのは一個の医師。話半分の治す意欲のない(と、ゆうさんが感じる)医師に、ゆうさんの人生を賭け続けるのかい?

158. Posted by でこ   2012年02月09日 14:01
学生時代の友達もこちらから連絡取れず、疎遠になってしまいました。
自分では森田神経症とアダルトチルドレンだと思っています。
現在32歳で会社員を10年近く続けていますが、
自分が神経症だと気づいたのは10年以上前。
学生のころ、苦しくて本を読みあさり、気づきました。
この時親への反発心をおぼえ、強く非難しました。一緒にカウンセリングを受けてほしいとお願いしました。答えはNOでした。
自分の非は認めたくなかったんだと思います。
常に世間体を気にし、コントロールする母に対してわたしは無条件の愛を感じることはなかったんだと思います。わたしは母に気づいて欲しかったのが、”お前のため”と掲げて言ってることややってることは、本当にわたしのことを考えて言ってくれてたことではなかったということ。わたしをコントロールしようとしてきたこと。

159. Posted by でこ   2012年02月09日 14:05
つづきです。


最近では悩みを克服しようという強い気持ちは薄れましたが精神を安定させるために(流行の)仏道の本を読んだりしています。
そんな様子を見てるからか、母とちょっとした言い争いがおきたとき、「お前は宗教に走るような人間だ」とか、「じょうゆう(元オウムの)のようなタイプだ」とかとんでもないことを言ってきます。
3日程前の出来事ですが、わたしは母と話すのをやめました。母にはわかってもらえないのなら、対立することをやめ、自分の本当の気持ちよりもお互い気持ち良くすごせる関係を保っていこう、としてきたのに、
母は自分の考えの枠にないことをわたしが考えたり、行動しようとすると、また怒りの言動によってわたしをコントロールしようとしている。。。と考えるともうどうすればいいかわかりません。
この問題を解決するのに、母親の理解は避けて通れないものなのでしょうか?
わたしが理解を求めても「宗教に加担しようとしてる」とか、「何でも親のせいにして」とか言われ取り合ってもらえません。
この負のスパイラルが、次の世代へとつながっていくのだと思うと不安です。
ご教授いただけたらうれしいです。

(前文章の始まりが抜けてしまい、唐突な始まり方になってしまってます)

160. Posted by 運営者どすこい   2012年02月09日 15:04
でこさん

はじめまして。どすこいです。

「この問題を解決する」の“この問題”とは、どの問題でしょう。森田神経症とアダルトチルドレンの問題?お母さんがでこさんをコントロールしようとする問題?お互い気持ち良く過ごすにはどうすれば良いかという問題?

お母さんの理解が不可欠なのかは別として、もしお母さんが亡くなったら、“この問題”はどうなるのだろう。

161. Posted by ゆう   2012年02月09日 15:34
運営者どすこい さん

いいえ、矢張り「人がリスカを何度もするくらいしんどいのに」今の医師は、あろうことか[お薬を出してるのに、リスカをされたら、上から文句が来るんだから、もうこの薬を飲んだら、やめてくれ]と言われました。

それ以降、真実は殆ど話さなかったです。理解する気も、しようとする姿勢のない相手に、何度訴えても意味がありませんから…。

この前、頭を強く殴ってる=過去、弟にものに当たると近所迷惑だから、自分の頭を殴っておけと言われたため=事を言ったら、聞いてないといわれましたが、睡眠薬のみをもらって、現実の死にたい思いを封印するため、通院してるだけなんです。

なので、こっそり自分で病院へ行って、信用できる医者と判断したら、祖母にも来てもらおうと思ってます。ただ、祖母にはいろいろとお世話になってるので、なるべく穏便に病院へ行きたいです…

162. Posted by でこ   2012年02月09日 15:51
どすこいさん
この問題とは、森田神経症とアダルトチルドレンの問題です。

わたしが自分の人間性のゆがみを治そうと本を読んだりして行動や考え方を改めようとしても、母の心無い一言によって打ち砕かれたりします。
もしかしたら、そんな母のことを気にする必要は無いのかもしれません。
しかしわたしには自分の考えで物事を判断する能力が低く、母からみとめられたいという思いが、思考の多くをしめている気がして、そこから抜け出すことができないのです。
物理的に母から距離を置くことになったとしても、もしかしたら自分の判断基準が母であるということは、変わらないのではないかという気がしてしまいます。
しかし老いて体力も衰えた母に対して、非難して傷つけたり、無視をしたりするのはよくないという思いもあります。普通の家庭のように、問題がないかのように母に優しく接し、楽しく過ごしたい。
私の考えは意味不明でしょうか・・・

163. Posted by 運営者どすこい   2012年02月09日 15:55
ゆうさん

そうか。目が上に付いているダメリーマン医師なんだ。

ゆうさんの言うとおり、こっそりと行って、お祖母ちゃんには事後承諾をもらう作戦で行こうか。

追伸
単に「どすこい」でいいよ。

164. Posted by 運営者どすこい   2012年02月09日 16:34
でこさん

でこさんの考えは、はっきり分かったよ。でこさんは「人間性」を云々するけれど、差し当たっての問題(課題)は、一言で言えば「対等な関係」じゃないのかな。つまり、でこさんが「大人」になること。大人は、自分の言動の責任を、すべて自身で背負うんです。

165. Posted by まな   2012年02月09日 16:41
たえごんさん

温かい言葉をありがとう。

こどもさんが自分でご飯を作るってえらいですね。
たえごんさんが忙しいのわかっているからでしょうね ^^

166. Posted by まな   2012年02月09日 16:48
昨日はみなさんに温かい言葉をかけてもらってすごくうれしかったです。

夕べもよく眠れませんでした。
昼間 眠くなるので 横になってみるけれどやっぱり眠れません ^^;

今夜は眠れるといいけど・・・。
新しい薬もまだ、夕べ1回飲んだだけだから仕方ないですね。
1回飲んだだけで劇的に良くなっちゃったら逆に怖いですよね^^;

167. Posted by アン   2012年02月09日 17:35
こんばんは。

今日は不調で一日横になってました。
発作が起きそうになり 事前に薬を飲み酷く苦しまずにすみました。
主人が休みで気が抜けたかなぁ(笑)
夕飯は主人作のカレーとサラダです(*^_^*)

まなさん

今夜は眠れるといいね。


お初の皆さん

凄く苦しまれてる様子を読み涙がでてきました。
楽になる事を願ってます。

168. Posted by でこ   2012年02月09日 17:55
どすこい様
ご返答ありがとうございます。

わたしが求めているのは対等な関係であって、
今わたしに必要なのは「親の理解」ではないってことでしょうか?

いまだに強力にコントロールしようとしてくるとき、
わたしも今までのように流されることが楽だったりします。後で親のせいにできるってこともあるかもしれません。
ただきちんと生きようと考えた時、コントロールしようとする親に対して強い反発心が沸きます。
葛藤してる感じで、そのことばかり考えてふさぎこんだり。過去のことを思い返したり。
この思考がマズイのですね。

自分を強く持つ。
自分に自信がないわたしには厳しく感じます。
いろんな本を読んでみます。

169. Posted by たえごん   2012年02月09日 18:08
今朝、行ってくるからねと子供達に声をかけて別れた。いつもと違う様子ないと思ったのに、次男の担任から会社に電話がきた。登校してこないから電話をかけてみたら本人40℃の熱で寝ていると。慌てて帰らせてもらいました。検査では陰性でしたがインフルエンザの可能性大で、抗インフルの薬を飲みました。
解熱剤が聞いたのか熱は今は下がっています。
でも、私の携帯に電話をしても昼間は連絡が取れないことを知ってて、具合悪いのにじっと家で待っていた次男。
私は母としてこんなに無理をさせていたんですね。
申し訳なさで一杯で家に向かう電車の中で泣いてました。
明日は次男と一緒に休みます。
少し疲れもとれるかな。

170. Posted by アン   2012年02月09日 18:25
たえごんさん

次男くん 男の子だね。
熱が下がりホント良かった。明日は二人でゆっくりしてね。
お大事に☆

171. Posted by 運営者どすこい   2012年02月09日 19:02
でこさん

いろんな本を読むのも結構だけれど、まずはお母さんに対して、はっきりと「私はこう思う」と主張することです。そして、たとえその主張が理解されなくても、それは、お母さん側の問題でコントロールできないものだと割り切ることです。

172. Posted by 運営者どすこい   2012年02月09日 19:16
たえごんさん

次男君が休暇をプレゼントしてくれたんだよ。二人でゆっくりしてね。

173. Posted by まな   2012年02月10日 10:02
たえごんさん

辛かったですね。
次男君の気持ちを思って切なくなってしまったんでしょうね。
でも、ちゃんと連絡がきて対応ができたこと良かったですね。
大丈夫ですよ。
ちゃんとなるようになっているんですよ。
(えらそうにすみません)

インフルエンザもしっかり対策すれば家族間でもうつらないですし
(そんなことはたえごんさんの方がプロですね ^^;)
「ちょっと休みなさい」って神様が言っているのかもしれませんね。
どうぞ、お大事にしてください。

174. Posted by まな   2012年02月10日 10:08
今朝は書き込みがなくて寂しいな・・・

夕べも眠れませんでした。
でも、家族を送り出してから横になってみたら今日は眠れました。

辛い日が続いていますが、そんな時もあるのかもしれませんね・・・

175. Posted by ゆうき   2012年02月10日 12:36
まなさん

こんにちは。

辛い日が続いてるんですね。止まない雨はないから、大丈夫!

私も、少しお疲れモードなので、勉強もお休みにして、のんびりゆったり過ごしています。

176. Posted by ゆうき   2012年02月10日 12:39
たえごんさん

次男くんとゆっくり休めてるかなぁ。たえごんさんの疲れも、少しでも癒えるといいな。ゆっくりね。

177. Posted by こん   2012年02月10日 12:53
こんにちは。

今日は半カウンセリングみたいな感じで就活終えて、帰りにウインドショッピングしてきました。春物のアイテムなんかを見て、久しぶりに心がウキウキしました。
やっぱり、閉じこもっていないで外の空気を吸うことが大切なんだと思いました。
しかし、外へ出るだけじゃいけないと思いました。人と接してどうなるかなぁと心配になりました。愚痴りたくなるような場面ばっかりみてきた私です・・・もう知らない!

まなさん

少し眠れたみたいでよかったよかった。
辛い時は素直に辛いっていえるの理想だね。
男っぽいわたしは、すぐ戦闘モードになってしまう。

まだ復活までには時間がかかりそう。
歩いていこう。

178. Posted by まな   2012年02月10日 13:27
ゆうきさん

ゆったりしたいのに心がざわざわして・・・。
いつか静まるってわかっているのに、待っている時間 辛いです。

メッセージありがとう。うれしかった。

179. Posted by まな   2012年02月10日 13:30
こんさん

私も素直に辛いって言えるのはここくらいです。
周りの人間には辛いと感じたときの何回かに1回くらいです。
全部ぶちまけていたら周りの人間がもたないかも^^;

180. Posted by こん   2012年02月10日 13:48
まなさん

分かる分かる。
私は誰もいない時に、一人で口押さえて雄たけびあげてるよ。CDのボリューム上げて。

なんか気を紛らすよい方法ないかなぁ・・・

話題を変えて、白ココアっておいしいね。

181. Posted by アン   2012年02月10日 14:22
皆さん こんにちは。

今日も朝から頭が痛いし身体が痛いし…ギブアップです(*_*)

皆さん 風邪には気をつけて下さいね。

182. Posted by アン   2012年02月10日 14:53
こんさん

今日はお疲れ様(*^_^*)

ところで白ココア
あるんだぁ♪
飲みたぁーい(笑)

183. Posted by ゆうき   2012年02月10日 15:37
こんさん
アンさん

白ココア、私も飲んでみた~い。温まって美味しそう。ゴックン。(笑)

184. Posted by こん   2012年02月10日 16:41
アンさん・ゆうきさん

白ココア、牛乳いるからね~。

185. Posted by でこ   2012年02月10日 17:10
どすこいさんありがとうございます。


>まずはお母さんに対して、はっきりと「私はこう思う」と主張することです。そして、たとえその主張が理解されなくても、それは、お母さん側の問題でコントロールできないものだと割り切ることです

母に対して主張はしてるつもりです。
ただ、主導権を握っているのは常に母。それに従う私。という図式はなかなか崩すことはできず、わたしが主張すると、「お前の考えは間違っている」「宗教に走ってるのか」「そうやって何でも親のせいにして逃げている」と一蹴されてしまい、こちらも理解される気がしなくなり、何も言えなくなってしまうのです。
わたしの気持ちを理解してもらうために親子論の本を読んでもらうよう頼んでも、
読まない」(自分の行いを非難されるのを感じてるんだと思います)
10年前には大学が主催している親子関係の講演会への同席も懇願しましたが断られてるんです。
この時非常にショックを受け、わたしの親はわたしのことを考えてはくれないんだと思い、理解はしてもらえないんだとあきらめたんです。
自分のあきらめたことによって解決したと思った問題ですが、根本的に解決していないため、今また衝突が起こっているのです。
なんとなく、物理的に距離を置くより他仕方ないのかもしれないと感じてきました。
何をしても母の価値観に従って生きてきたので、自分の人生を生きている実感はありません。自分でものごとを決めることができません。少しずつでもとにかく自分で決めることをしていかなければなりませんね。
少し、自分が母親のしてきたことの何が問題だと思うのか、書き出して整理してみようと思いいます。母に主張しようにも、自分の考えがまとまっていないので説得力がないのかもしれませんね。これが今の自分にできる精一杯のことです。

2012年2月(4)←2012年2月(5)→2012年2月(6)

(2012年3月1日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2020 「うつ」の心に癒しを。