自分は無意味な人間か(2)〜過去ログより

▽来信
まだ自分なりの"答え"は見つかってないけど、あるがままの自分を受け入れる事が大事なのかなって気がする。自分が、自分を否定したら、自分がかわいそう...。全てを決めるのは、自分自身だと思うから。

今朝、またメールが届きました。"私に会えてよかった"って。なんか本当の自分を受け入れてもらえた気がして、嬉しかったO(≧∇≦)o

生と死の間で揺れてる私だけど、何かが変わりそうな気がする。その変化が良い方向に進む事を願って。

▽私の返信
物事は平面ではなくて、立体だと思っています。1つの角度からだけで見ていると、固定した面しか見えません。角度を変えると、異なるものが見えてきます。意識して角度をつけると、同じ物事でも、緑になるという選択肢だけでなく、青や赤にもなり得る選択肢が浮かび上がってきます。

メールをきっかけにして自分を無価値と決めつけてしまったのは、「私」と送信者との関係において、ある選択、意味をつけることができなかったからだと思うのです。(仮の話しですが)送信者はバリバリと仕事をこなし、家庭を持ち、安定した生活を送っている。それに比べて、「私」は?いったい何をやっているの!今までやってきたことは何だったの!自と他、というコントラストの関係を超えて、もっぱら「私」をターゲットとして矛先を向けてしまったのかなと。ここに受け入れがたい「私」が生まれます。何の罪もない、一生懸命に頑張ってきた「私」を、頭ごなしにダメと決めつけては、本当にかわいそうですね。

一歩進めて。送信者の努力は凄いと思う。尊敬もする。見習う点があれば見習いたい。でも、「私」の今の状況ではかなり厳しい。とりあえず努力目標には置いておこう。当面は、体を鍛えることに専念しなくちゃ。「私」が意味をつけて、「私」の心に刻んで、「私」を受け入れたのですね。

「色」に例えましたが、「役割」に置き換えると、もっと現実味があるかもしれません。今朝のメールで「会えてよかった」、とても嬉しいですね。存在自体が、支えになっているんですね。存在自体で役割を尽くしているのですから、神の領域ですね(笑)

【引用元】
過去ログ:2010年1月(2)

◇雑感
世界にたった一つの「じぶんの花」を咲かせる。やはり自分が自分を丸ごと受け入れることが第一歩なのかね。四十になっても惑い、五十になってもなお天命を知らなくていいじゃないか。誰に何と言われようと一向に構わない、そういう花を咲かせたいと思う。

<関連記事>
自分は無意味な人間か〜過去ログより

(2014年2月5日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。