自信とやる気を実らせる

自信をつけたい、やる気を起こしたい。誰もが願うことだと思います。私自身の日記においても「自信」や「やる気」という言葉が登場しますが、ほとんどの場合、それらが“無い”という文脈で登場します。たとえば、次のように。

○自信
  • 何となく気が重く、自信をなくし落ち込み気味。
  • 非常に疲れ、非常に自信を無くした一日だった。
  • 人との交わりにも自信をなくし、仕事するなら、人との交流がない仕事がいいなとも思ってしまう。
  • 今後仕事をやっていける自信をなくしている。
  • 自分の能力が低いのではないかと、自信がなく感じる。

○やる気
  • やる気(意欲)が出ない。面倒臭いという感じがつきまとう。
  • 仕事に身が入らない。やる気がしない。何もしたくない。考えがまとまらない。
  • 落ち込みがひどく、気分的に悪い。全然やる気がしない。
  • 朝からうつである。やる気がしない。薬の効果が感じられない。
  • 特に朝がつらい。やる気もなく、新聞も読む気がしない。

自信とやる気とは、一方が他方の前提になるというようなものではなく、自分の根を張るために「実らせるもの」ではないかと思います。それには、「土」と「水」、言い換えれば、「努力」と「報酬」が必要ではないかと思います。

これまで歩んで来た道を振り返り、心の声に耳を傾けること、これが自信とやる気を実らせる第一歩だと思います。あくまで自信とやる気は自分を基礎づけるものですから、新たな自分探しにばかり気を取られていると、一体自分は何をやっているのだろうかと疑問を感じ虚しくなり、逆効果になりかねません。

◇雑感
自信と自惚れ。一見どちらか分からない場合があるし、どちらでもいい場合が多い。勇気と無神経も同じだろうか。問題は外見ではなくて中身である。泥臭い「努力」と「報酬」とに裏打ちされた等身大の自分が把握できないと、揺らいでばかりいることになる。

<関連記事>
無気力症候群とは?
うつ病の具体的症状:興味と関心の喪失

(2014年3月19日掲載)
スポンサーリンク
この記事へのコメント
1. Posted by ノラ猫   2014年04月01日 18:30
どすこいさん
その通りですね。
私は家事が嫌いです。
目に見えた報酬と達成感を感じないのです。
ペット達が汚すのは仕方のない事です。彼らを自らの責任と愛情で手元に置いたのですから。
しかし、散らかさなくても塵はたまります。
毎日の洗濯は避けて通れません。
糊付けし、アイロンをかけても一日着ればおしまい。
家事程その見返りが少ないものはないのではなかと私は思っています。
主人は私がやるのが当たり前、娘は自分の理想を夢中になって追いかけている最中。
「ありがとう、ごちそうさま、美味しかった」
で、我慢するしかないのでしょうかね。
今、家族を同居人としてみんなで家事を分担する構想を一人で練っているのですが、片付いているという基準がみんなそれぞれ違うところに問題があります。
私にはひっくり返っているように見える部屋が主人と娘にはそうは見えない。
私の「家事やる気ゲージ」は下がる一方。
困ったものです。
2. Posted by 運営者どすこい   2014年04月02日 06:37
ノラ猫さん
分担構想はいいと思うよ。うつの辛さもそうだけど、経験してみなければその苦労は分からないからね。「基準」は問題だけど、出来栄えよりもまず(当たり前という)認識を変えてもらうことがキーポイントだね。
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。