人生、苦しみばかり

「四苦八苦」という言葉がありますが、人生、苦しいことばかり。ちなみに、四苦とは、生・老・病・死の4つをいい、この4つに愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五陰盛苦を合わせたものが八苦です。

  1. 生(しょう)→生まれる苦しみ
  2. 老(ろう)→老いる苦しみ
  3. 病(びょう)→病気にかかる苦しみ
  4. 死(し)→死ぬ苦しみ
  5. 愛別離苦(あいべつりく)→愛する者と別れる苦しみ
  6. 怨憎会苦(おんぞうえく)→怨み憎む者に会う苦しみ
  7. 求不得苦(ぐふとくく)→求めるものが得られない苦しみ
  8. 五陰盛苦(ごおんじょうく)→執着する苦しみ

これらの苦しみの数々は、「自分の意志ではどうにもならない」苦しみであり、逃れようとするほど迷路に迷い込みます。

自分の意志ではどうにもならないという意味では、自然と同じ。だから、「雨の日には雨の中を 風の日には風の中を」。苦しければ、嘆けばいい、泣けばいい。でも、決して「今、ここ、自分」を否定しないこと。

明るい展望は、きっと開けると思います。

◇雑感
悟りを花にたとえ、それは「悩みの池の中に咲く」という。溺れ死ぬ予感をなんとなく覚えながら悩みの中を、苦しみの中を生き抜いた者でない限り、到底そんな境地には至れないのだろうね。純で行こうぜ、愛で行こうぜ。生きてる限りは、青春だ♪by裕次郎

<関連記事>
切羽詰まった時の打開策
逃げてもいい!

(2014年5月6日掲載)
スポンサーリンク
この記事へのコメント
1. Posted by でこ   2014年09月09日 16:40
はじめまして!
こちらの記事を読んで泣いてしまいました。
私は、2年前まで三環系の2種類の抗うつ薬を服用していました。その数年前には既に寛解きてしていたのですが、予防のために。
今年の7月から疼痛の悩みからうつ病になり、2年前まで服用していた薬を主治医の処方により1度服用したのですが、焦燥感やその他いろいろ副作用が出て中止に。どうも身体が薬に過敏になっているようなのです。その後、リフレックス半錠を試したところ、頻尿の副作用が出ましたが1週間で治まったので、様子を見てから1錠に増量したところ、頭重感と頭痛が2週間程続き、先週末半錠に戻しました。今も頭痛は少しありますが、半錠に戻してよかったです。痛みも辛いし、痛み止めを飲み続けるのも辛かったので。次回受診時に新しいお薬になるそうです。先生は、三環系は避けたいらしく、SSRI SNRIは冒険と仰って、四環系やレスリン等を考えているようですが、納得がいかず悩んでいます。
長々となってすみません。今は歩くのもままならない状態です。リフレックス1錠で動けるようになったので悔しいですが…(。>﹏<。)
心のこもったブログ、泣きながら読みました。今の私は多分どん底なのだと思います。焦ってはいけないとわかってはいるのですが…。
長々と読んで下さってありがとうございました。
Twitterフォローさせて下さいね!
2. Posted by 運営者どすこい   2014年09月10日 06:13
でこさん
はじめまして。どすこいです。
Twitterのフォローもありがとうございます。
先生を信頼して「新しいお薬」に期待してみてはいかがでしょう。でこさんの今の体調に合い効果のあるお薬だといいですね。
3. Posted by でこ   2014年09月10日 21:56
どすこいさん、レス嬉しかったです!
実はブログにコメ入れたの初めてなんです!
だからレスいただけた時は、感動しちゃいました!
こういうのって、メアドとか皆さん入力されるんですか?
明日は診察日です!
新しいお薬が出される時は、服用後、主治医と連絡が取れるように、いつも午前中の予約に入れてますw
あれからまだまだ頭痛は続いて、精神的にも辛く、泣いてばかりの一日でしたが、どすこいさんに励ましてもらって頑張れそうです!
これからもよろしくお願いします!
4. Posted by 運営者どすこい   2014年09月11日 05:49
でこさん
今日は診察日ですね。落ち着いて、お気をつけて。
ところで、初めてのコメントだったんですね。メアドを入力される方は少ないですよ。ちなみに、このサイトではメアドを入力しても公開されませんのでご安心を(運営者の私は分かりますが)。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。