過去ログ:2016年6月

1. Posted by ゆじゆき   2016年06月01日 18:26
たえごんさん

遅れましたが、お誕生日おめでとうございます。息子さん達からのお祝い、内容も気持ちもどんなに嬉しかっただろうと思います。
日頃のたえごんさんの頑張りを、きちんとわかってくれている、いい息子さんだね。
たえごんさんにとって、よい一年になりますように…。

2. Posted by たえごん   2016年06月03日 22:38
皆さんに「おめでとう」と言っていただき、有難かったです。
ありがとうございました。

よかったら聞いてください。
今週はたくさん泣きました。
自分がケアマネとして担当していた方や、ヘルパーとして関わっていた利用者さんを相次いで見送りました。
急に食事が進まなくなり、食べられなくなり利用者さんが目に見えて弱っていくのは見ていて本当に辛かった。急にどんどん悪くなりました。
でも、最後に、娘さんから感謝の言葉を沢山頂きました。
その言葉は私の宝物です。
言葉って、刃にもなるけど宝物にもなるんですね。

3. Posted by たえごん   2016年06月03日 23:14
もう一つは、ヘルパーとして、毎週訪問していた方。
頸椎を損傷し、寝たきり。両手と首は少しだけ動かせますが、全く起き上がることができません。奥様と離婚し、お子さんの居場所も分からず。
毎日朝夕、オムツ交換や食事を食べさせる介助をするためにヘルパーが訪問していました。
腎盂腎炎で緊急入院し、あっというまでした。
私、鬱状態を一生懸命隠しながら接していたのに、見抜かれていました。「そんな精神的に不安定な状態なんかで来られても困る」と、言われました。でも、そのあと言われたのが、「自分だって、こんな身体になってもまだ人生諦めてない。まだやりたいことがある。たえごんも負けちゃいけない、あんたみてると応援したくなる。だからしっかりしろ、子供達いるんだろ?子供達を守らなきゃだめだよ」
そう言われたんです。
最初、私の不安定さに怒鳴られ、この人の家に行くのが怖くなってしまった。
でも、そのあと私にかけてくれた言葉は、私を叱咤激励するものでした。
それが1〜2ヶ月前の話かな。
体調急変し、亡くなったなんて今も信じられません。

最後は、身内には誰も見送る者もいませんでした。
でも、職員数名でお別れしました。
安らかな顔をみた時に蘇ってきたその言葉は、私は忘れることはないと思います。
人って、弱いけど強くなれる。
そう信じていたいです。
読んでいただいてありがとうございました。

4. Posted by 運営者どすこい   2016年06月04日 21:01
たえごんさん

ケアマネとして、ヘルパーとして、たえごんさんが誠実に頑張り抜いた証しが、ご遺族のたくさんの感謝の言葉や、ご本人の叱咤激励の言葉だと思うよ。特に寝たきりだった方の生前の言葉は、私の胸にもぐっと来るものがあるなあ。ご本人自身のいろんな思いもきっと詰まっているんだなと思う。めげそうになる時、自分を奮い立たせてくれる言葉だね。

5. Posted by 運営者どすこい   2016年06月07日 06:19
【お知らせ】
2016年5月分のコメントは、「過去ログ:2016年5月」へ収めました。カテゴリは、「Top Pageへのコメント2016」です。

6. Posted by ゆじゆき   2016年06月15日 19:39
こんばんは。

お久しぶりです。
最近は特に変わりない毎日をボーッと過ごしています。

前から気になっていたんですが、調子が悪いとここで皆さんに泣きついたりするくせに、やる気がないと書き込みもしない。それに何でもなくても書き込まない。…といたって勝手なことをしているなって毎日申し訳なく思っています。
わがままですみません。

7. Posted by 運営者どすこい   2016年06月16日 05:46
ゆじゆきさん

申し訳なく思うことなんて全くないよ。書き込みたい時に書き込んでください。まあ、トイレと同じかな(笑)

8. Posted by ゆじゆき   2016年06月16日 17:26
どすこいさん

いつもながら、あたたかいお言葉を下さり、有難うございます。
トイレだなんて(笑)。

パッとしない毎日でゴロゴロしてばかりですが、今日は免許証の更新に合わせて、メガネを作ってきました。
要らないものは見えない、考えないでいい事は気付かないメガネだといいのに…なんて思います(笑)。それは、私の頭の役割ですね。

9. Posted by ゆじゆき   2016年06月16日 19:24
どすこいさん

肝心な事を書き忘れていました。
書き込みをしなくても、私の心にいつも、ここの存在は大きくあります。
読むだけの時もありますが(苦笑)。
ここに来れば、いつでも受け止めてもらえる…そんな安心感があります。
実家のような?大きな存在感があるんです。
本当に有難うございます。
これからも皆さんのために、ここを運営していって下さいね。
どうぞよろしくお願いいたします。

10. Posted by 運営者どすこい   2016年06月16日 20:08
ゆじゆきさん

要らないものは見えない・・・そんなメガネがあるといいね。そう、詰まるところ、頭の切り替えができるかできないか、ということなんだろうね。

だいぶ人が減ってしまったけれど、ゆじゆきさん一人でも運営していきますよ。どうぞご安心を。

11. Posted by ノラ猫   2016年06月24日 15:59
こんにちは。
本当にご無沙汰しています。

どすこいさん、たえごんさん、ゆじゆきさん。
書き込みこそしていませんが、いつもこのサイトは拝見していますよ。

たえごんさん
また、頑張りすぎたのね。でも、人間、どうしてもそうしなければならない時ってあるものね。
そのかわり、お仕事で素晴らしい方に出会って、心あるお言葉をいただいて、本当によかったわね。

ゆじゆきさん
あなたのこと、忘れてなんていないわよ。いつもどうしてるかなって思ってた。
カラオケ、いってる?
自分を見つめることも大切だけど、好きな事をするのも大切よ。声を出すことってすごくいいことよ。

どすこいさん
どすこいさんの皆さまへのメッセージ、いつも心にひびきます。ご自身も大切になさってくださいね。

12. Posted by ノラ猫   2016年06月24日 16:48
顔だけだしておいて、自分の報告をしないのは失礼ですよね。

私は何とか頑張っています。
娘が頸椎ヘルニアの大手術をしました。
人それぞれ違うようですが、娘の場合は痛みがひどく、右手も麻痺してはしも持てなくなる状態になりまして、手術ということになりました。

激しい痛みに夜も眠れない娘の看病、心無い病院の対応に直談判、主治医をかえていただく交渉も
しました。
重なる心労と肉体的な疲れとで、私自身も何度も「私は鬱に落ちる崖っぷちに立っている。」という思いを切実に感じた事もありました。
でも、なんとか、「あと一日頑張る、私が落ちれば娘も落ちる。」と自分に言い聞かせ踏ん張ってきました。

「明日は休もう、美味しいものを食べよう。洗濯も掃除もなし!」
毎日そう思いながらも雑用であたふたと一日が過ぎていきます。

そんな中、我が家に営巣した燕の巣から落ちたヒナを巣に戻したり、また、今度は巣立ちの際に他の鳥に襲われたヒナを助けて、保護してもらえる病院探しに奔走したり・・・

ようは、泣いたり、わめいたり、笑ったり。常に私らしく過ごそうと努力しています。

そうそう、私は歌も続けていますよ。今、シャンソンを歌っています。
家族に言わせると私のはシャンソンではなく、「パニック鳥の叫び鳴き」だそうです。

13. Posted by 運営者どすこい   2016年06月24日 22:15
ノラ猫さん

お久しぶり!

ご主人の時もそうだったけど、今回は娘さんの手術で大変だったんだね。よく一人で奮闘して乗り切ったよ。お疲れ様でした。

元気に歌も歌えているようなので少し安心したけど、できるだけ休養を取ることも心がけてね。

14. Posted by ノラ猫   2016年06月25日 17:30
どすこいさん

はい、ありがとうございます。
娘の病気と手術は本当に苦しかった。
おかげさまで、順調に回復していまして、まだ、少し、手術自体の後遺症と手術前に飲んでいた強烈な薬の副作用に悩まされていますが、復職できる日も近いと思います。

体の病気と心の病気、初めから比べるものではないですが、同じ「健康」という価値は変わらないと感じました。

多くを望ます、マイペースで、生活していきます。

また、いつか、お邪魔させていただきますね。

15. Posted by 運営者どすこい   2016年06月26日 06:10
ノラ猫さん

回復が順調で復職できる日も近いとは本当に良かったね。そう、マイペースで、ノラ猫さんご自身の体と心も大切にね。

いつでもまた。

2016年5月←2016年6月→2016年7月

(2016年7月4日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。