思考は運命につながる

カトリック修道女であり、ノーベル平和賞を受賞したマザー・テレサ(1910〜1997)が残した名言の一つに、次のようなものがあります。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

つまり、「思考」と「運命」は、つながっているということなんですね。

近年、前向きに生き幸せになるためにはどうすれば良いかを考える心理学として、「ポジティブ心理学」が提唱され注目されています。

マザー・テレサのこの名言は、人間のポジティブな機能を促進させるというポジティブ心理学の目的にも適うものといえそうです。

◇雑感
このマザー・テレサの言葉との出会いは、何気ないきっかけから。「そのときの出逢いが人生を根底から変えることがある」とは相田みつをさん。彼の言葉もそうだが、心に響く言葉は、人をポジティブな気分にさせる。人生、言葉との出会いも大事なんだな。

<関連記事>
うつ病とスキーマ
認知行動療法、脳にも変化

(2016年9月12日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。