本能たる正義感-他

弱きを助け、強きを挫く。正義のヒーローが幼い子どもたちの心をも惹きつけるのは、それを受容する素地があるかららしい。強いものが生き残るとするダーウィンの「生存競争」とは相容れないと思われる「正義感」が、いつから人類に備わったのだろうか。

では、先週の折々雑感です。

■頭が煮詰まっている時こそ、多面的な見方をすることが大事になると思います。ただ、そういう時だから、なかなか難しいのですが。

昨夜、花粉症の薬を飲んで寝たら、寝坊してしまった。そのせいで、いつもは座っていく電車に飛び乗るはめになり、乗車率200%の押し合い圧し合い、すっかリー日の活力が奪われてしまった。ところで、作用の主/副も見方次第。一石二鳥の薬と考え、さてと、今夜は早めに飲んで、またぐっすり眠ろう。
(2017.2.1 Twitter@kokorogより)


■道徳の一部は、本能として備わっているのかもしれません。

「心に刻み込まれた正義」と題する研究成果を京都大学が発表した。わずか6か月の乳児が、弱者を守る“正義の味方”を好んで選ぶことが分かった。正義感というのは、学習して獲得するのではなく、ヒトに生来的に備わっているものらしい。“遺伝子”にも刻み込まれ受け継がれていく。人に優しい未来を。
(2017.2.3 Twitter@kokorogより)


前の記事←この記事→次の記事

(2017年2月5日)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
サイト内検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。