小さな希望の短いレール-他

たとえどんなに短くとも“レール”を繋げていくということは、前向きであることの証しだと思う。今はそれしかできないのだから仕方ない。その先で暖かい“春”が出迎えてくれることを信じられなくなったとしても、今日の一日を、一歩一歩進むしかない。

では、先週の折々雑感です。

■不眠不休で働くリスクを冒してまで、子孫を残す行動に駆り立てる。ヒトはどうなのでしょうね。

2:6:2の「働きアリの法則」というものがある。上位2割がよく働き、中位6割が普通に働き、下位2割がサボる。さて今般、卵や幼虫と同居させたアリは不眠不休で働き続けることが東京大学の研究で明らかになった。自分が必要とされる環境に置かれると、みな等しくやる気スイッチが入るのだろうか。
(2017.2.8 Twitter@kokorogより)


■立ち止まってはいられませんので、気を取り直し、また短いレールをコツコツと。

立春を過ぎ、千葉や東京でも雪が舞った。暦の季節は春だけれど、冬本番の真っ最中。これまで小さな希望の短いレールをつなぎ重ねて来てはみたが、冬来たりなば春遠からじ、つらい時期を乗り越えれば、必ずよい時期が来るとの確信が、近頃とみに揺らいでいる。世の中そう甘くない。なにせ空蝉だからな。
(2017.2.11 Twitter@kokorogより)


前の記事←この記事→次の記事

(2017年2月12日)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
サイト内検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。