ガーデニングでうつ症状軽減

東京大学(大学院農学生命科学研究科)は2016年12月21日、既存の研究データを用いて、ガーデニングと健康促進の間に統計的に有意な関係があることを突き止めたと発表しています。英国エクセター大学、森林総合研究所との共同研究による成果です。

ガーデニングを通して土に触れ植物を育てることが健康促進に有効であることはこれまでの研究で指摘されてきたようですが、その科学的な根拠は乏しく、確証を得るには至っていなかったといいます。

研究グループは今回、既存の研究データを収集・統合して解析する研究手法(メタ解析)により、ガーデニングと健康促進の間に統計的に有意な関係があるのか否かを検証しています。

その結果、ガーデニングを行うことによって、うつ症状や不安症状の軽減、ストレスレベルの低下、人生の満足度や生活の質の向上、肥満の防止など、心身の健康とガーデニングが有意に関係することが明らかにされています。また、身体的な健康促進よりも精神的な健康促進との関係が強く認められたといいます。

【出典】
東京大学 研究発表

◇雑感

ストレス解消などの効果を期待されているガーデニング。やはり人の心を癒すようだ。東京大学の研究により判明した。花や緑に触れ土に触れることで、自然のパワーが人体に注入されるのだろうか。もしかすると、日光浴との相乗効果もあるのかもしれない。


<関連記事>
心を癒す「森林浴」

(2017年2月15日)
スポンサーリンク
この記事へのコメント
1. Posted by すっぱ   2017年02月15日 15:30
ガーデニングは健康的なイメージだし、植物は心を癒すようなイメージがありますが、やはり科学的にも根拠があるんですね。
これからだんだん、梅が咲いて桜が咲いて…気持ちいい季節がやってきますね!ヽ(*´∀`)ノ
2. Posted by 運営者どすこい   2017年02月15日 19:59
すっぱさん

立春は過ぎましたが、風は冷たく、まだまだ春は名のみですが、梅が咲き始め、先日は河津桜が咲いていましたよ。春はもうそこまで来ていますね。
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
サイト内検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。