春の夜の夢-他

関東でも春一番が吹いた。春の姿が見えて来た。梅や河津桜が咲き、白木蓮の蕾も膨らみ始めた。昨日、父の命日を迎え、51年前もこうして春が訪れようとしていたんだろうなと思いながら歩いていたら、季節だけではなく命も巡るのかもしれないと感じた。

では、先週の折々雑感です。

■一富士二鷹三茄子。初夢ではなく残念ですが、富士山の夢を見るのは(覚えている限りで)初めてです。

昨夜の夢の覚え。小岩駅のホームから夕日の写真を撮っている。前には江戸川が流れ、大きな露天風呂が2つ、数名がお湯につかっている。遠くには富士山。マイクロバスが到着した。行き先は高知、母校の中学を経由するという。同級生が次々に乗り込み、僕は3列目に腰を下ろした。そして、夢から覚めた。
(2017.2.13 Twitter@kokorogより)


■憎かった上司は、“逆縁の菩薩”なのかもしれません。

上司との関係に悩み続けた日々。時々、あれほど憎かった上司が今どうしているかと思うことがある。別に会いたくもないが、偶然出会ったとしても、今は冷静に話をすることもできるように思う。十数年の時の侵食作用で、考え方の角も取れたのかな。最近心の中でリフレインする曲がある。人生は紙飛行機♪
(2017.2.17 Twitter@kokorogより)


前の記事←この記事→次の記事

(2017年2月19日)
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ

この記事へのコメント

1. Posted by すっぱ   2017年02月19日 10:14
富士山の夢を見たのですか!すごい!
きっと今年はよい年になるのではないでしょうか。(*´∀`*)
あやかりたいあやかりたい。
2. Posted by 運営者どすこい   2017年02月20日 08:18
すっぱさん

そうなんです!
でも、スミレの香りほどの淡い期待にとどめておきます(笑)

この記事にコメントする

名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
サイト内検索
カスタム検索
スポンサーリンク


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。