自閉症児は黄色を嫌う

京都大学は2016年12月26日、自閉症スペクトラム障害(ASD)の症状が現れる一因として考えられている「知覚過敏」の中でも色彩に着目し調査したところ、ASD児は黄色が苦手で緑色を好む傾向があることが判明したと発表しています。仏レンヌ第一大学との共同研究による成果です。

ASDにおいて対人関係の困難さなどの症状が現れる一因に、「知覚過敏」があると考えられています。これは、たとえば、ごく普通の音量でも“うるさい”と感じたり、ごく普通の皮膚接触でも“痛い”と感じたりするものです。

研究グループは、音や皮膚接触と同様のことが色の知覚でも生じているのではないかと仮定し、レンヌ在住の29名のASDの男子(自閉症児群)と38名の定型発達の男子(コントロール群)を対象に、色(赤、青、黄、緑、茶、ピンクの6色)の好みを比較しています。

その結果、いずれの群においても赤色と青色が一番好まれる点では共通している一方で、コントロール群では好まれる[黄色]が自閉症児群では好まれず、また、コントロール群では好まれない[緑色]と[茶色]が自閉症児群では好まれることが明らかになっています。

コントロール群と自閉症児群における色の好感度比較
(画像はプレスリリースより)

研究グループでは、黄色はあらゆる色の中で最も輝度の高い色であり、「知覚過敏」なるがゆえに、生理的に刺激の強い色彩が自閉症児群では嫌われ、また、生理的にマイルドな刺激の緑色と茶色が自閉症児群では好まれたのではないかと考察しています。

【出典】
京都大学 研究発表

◇雑感

自閉症と知覚過敏の関係を初めて知った。自閉症児にとってのこの世とは、さぞ騒がしく・眩しすぎる世界なんだろうなと思う。そんな世界を変えるのは難しいが、せめて自宅の内装の色彩を落ち着いたものにすると、自閉症児の心も落ち着くのかもしれない。



<関連記事>
自閉症スペクトラム障害、神経細胞が過度に興奮

(2017年2月22日)
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ

この記事にコメントする

名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
サイト内検索
カスタム検索
スポンサーリンク


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。