マンガン摂取、妊娠うつに有効か

愛媛大学は2017年2月2日付プレスリリースで、妊娠中のマンガン摂取が、妊娠中のうつ症状の有症率低下と関連していることを発見したと発表しています。国立保健医療科学院、東京大学、琉球大学との共同研究による成果です。

研究グループは今回、妊娠中から母親と生まれた子を追跡調査した「九州・沖縄母子保健研究」のデータを活用し、妊娠中の亜鉛マグネシウム、銅、マンガンといったミネラルの摂取と、妊娠中のうつ症状との関連を調べています。

その結果、マンガンを摂取したケースについてのみ、統計学的に有意に、妊娠中のうつ症状の有症率低下と関連していることが認められたといいます。なお、妊娠中のうつ症状の有症率は、全体で19.3%だったといいます。

【出典】
愛媛大学 プレスリリース(PDF)

◇雑感

ミネラルの中でも「マンガン」については正直意識したことがなかった。うつ症状にも効くとなれば、どんどん摂りたい。いや、待て待て。体重70kgの人の体内に、通常12mgしか存在しない。微量栄養素ほどバランスを崩しやすいから気をつけないと。


<関連記事>
妊娠うつ、イソフラボンで予防

(2017年3月15日)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
サイト内検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。