此岸と彼岸の架け橋-他

今日は更に気温が上がり春本番の陽気だという。一方、春場所も稀勢の里フィーバーで連日熱い。7日目で7連勝。「一日一日やってます。明日は明日」のいつものコメントに安心する。さあ、遠くを見過ぎず、何事も引きずらず、足下の一日を僕も頑張ろう。

では、先週の折々雑感です。

■昔、あるお坊さんから、お墓参りとは「自分自身と向き合う時」だと聞いたことがあります。普段は迷いの世界で自分を見失っていることが多いですからね。

今日から春の彼岸の入り。迷いの世界を此岸(しがん)というのに対し、涅槃の世界を彼岸という。此岸は東にあり、彼岸は西にあるとされ、太陽が真東から昇り、真西に沈む春分の日の軌跡は、此岸と彼岸の架け橋のように思える。秋に続きこの春も墓参できないけれど、頑張る姿を架け橋を通じて伝えたい。
(2017.3.17 Twitter@kokorogより)


■厳しい環境の中で生き抜くことが、植物だけでなく人間の“味”をも深めるのかもしれません。

今日から三連休。連休最後の春分の日まで、幸い天気が良く暖かくなるようで、仕事の僕にとっても大変有り難い。ただ、連休明けの関東は、真冬の寒さが戻り、冷たい雨になる予報。仕組みは分からないが、寒暖の差の大きさが野菜や果物の「甘み」を増やすという。人間味も豊かにさせるかな。自然に感謝。
(2017.3.18 Twitter@kokorogより)


前の記事←この記事→次の記事

(2017年3月19日)
スポンサーリンク

コメント投稿(運営者確認後に表示)

※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
サイト内検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。