心を救う夢-他

母から聞いたもう一つの夢の話。寝室のあちこちの音で寝つけなかった親戚のお通夜の晩。若かりし頃の美人の祖母が枕元に座り、触れることは叶わなかったが、「眠れないの?」と手を差し伸べてくれたという。儚い夢だが、一生の思い出になることもある。

では、先週の折々雑感です。

■娘の頑張りに、私も勇気づけられました。

千葉三越が33年の歴史に幕を下ろした。その8階にあったキッズパルに、幼稚園に入る前の娘を通わせていた当時を思い出す。妻から離れる際によく泣いていた。教室の中では泣きながらも「がんばれ、がんばれ」と言って自分を励ましていた。その娘が来月は大学生。君にとっての新たな人生の幕開けだね。
(2017.3.22 Twitter@kokorogより)


■突然夫を失った母の「グリーフ・ワーク」(悲嘆作業)や「モーニング・ワーク」(喪の仕事)の一つだったのかもしれません。

昨夜母から聞いた話。父が亡くなった後しばらくの間ずっと夢に現れたのだという。「洗濯はどうしてるの?」と母が聞くと、「やってるよ」と答えたという。そして明け方近く、「もう帰るの?」と聞く母のもとを去って行ったという。当時の母は28歳。夢の御蔭で夫の死を受け入れられたのかもしれない。
(2017.3.25 Twitter@kokorogより)


前の記事←この記事→次の記事

(2017年3月26日)
スポンサーリンク

この記事へのコメント

1. Posted by すっぱ   2017年03月26日 10:55
娘さんの大学ご入学、おめでとうございます!(*´∀`*)

喪失を受け入れるために、人は夢というかたちで自然と自己ケアをしてるんですね。

なんだかホッコリとしました。

私は子どもの頃の夢をよく見ます。
愛情をたっぷり注がれて育ったことを思い出してガンバレっていう、エールかな。( ´ω` )
2. Posted by 運営者どすこい   2017年03月26日 18:48
すっぱさん

ありがとうございます。娘にとっても、親にとっても、少し大きな節目かなと思います。

ところで、すっぱさんは子どもの頃の夢をよく見るんですね。これは夢ではなく現実の話ですが、私はうつの渦中、よく出勤途中で引き返し、通っていた保育園や小学校などを訪れていました。ざわざわした心が落ち着きました。
3. Posted by たえごん   2017年03月27日 23:01
どすこいさん

お久しぶりです。
私の長男とお嬢さん、同級生だったんですね。
大学入学おめでとうございます。
私の長男も高校を卒業しました。幼い頃からの夢を叶え4月から鉄道会社で勤務します。
次男も今春高校入学、2人とも新生活の春です。
新生活に踏み込めずもがいているのは恥ずかしながら私だけです。
4. Posted by 運営者どすこい   2017年03月28日 08:16
たえごんさん

ありがとう。
たえごんさんこそ、長男君の就職、次男君の高校入学、おめでとう。

職場は変わらずかつての所かな?通院は続けているのかな?肉体的にも精神的にもつらい中で、夢を叶えさせるために頑張ったたえごんさんも偉いよ。
5. Posted by たえごん   2017年03月31日 22:47
どすこいさん

訪問介護と兼務でケアマネを始めて2年になりました。
一昨年末に鬱再発させてしまい、レキソタンに頼りながら通院は続けながら仕事をしています。車で事故を起こして立て続けにぶつけてみたり、いろいろやらかした1年でしたが、抗うつ剤は飲まずに過ごしています。
仕事は兼務、という立場が辛くて、何度も辞めることを考えましたが、頼りにしてくれてる利用者さん見捨てるみたいで踏み切れず、現在に至ります。
人の面倒はみれても家族の面倒は見れず、でも私が家に力尽きて帰ってきてもそっとしておいてくれるようになりました。
リフレックス飲んで2週間でも3キロ太り、そのままどうしても減らなかったのが、今年に入り6〜7キロ減りました。本調子ではなさそうです。
食欲湧かず食べられないんです。
親としては未熟なままですが、子供達が大人になったんですね。
6. Posted by 運営者どすこい   2017年04月01日 19:04
たえごんさん

同じ職場で通院・服薬しながら頑張り続けているんだね。ただ、体重の落ち方が心配だよ。業務量を減らさないと、今のままでは心身ともに持たないのではないかな。また休職することにもなりかねないと思うよ。

コメント投稿(運営者確認後に表示)

※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
サイト内検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。