他者認識、ネットワークで機能

東京農業大学は2017年4月18日付プレスリリースで、他者を認識する「社会記憶」を脳に固定化(定着)させる脳内神経メカニズムについて、マウスを用いた実験で解明したと発表しています。

他者を記憶しておくことは円滑な社会行動を営むために必要不可欠な能力ですが、その他者を認識する「社会記憶」を脳に定着させるメカニズムは、これまで不明だったといいます。

今回、研究グループがマウスを用いて詳しく調べたところ、次のようなことが明らかになっています。

  • 海馬、扁桃体、前頭前野、帯状皮質の4つの脳領域における遺伝子発現(DNAの情報に基づきタンパク質を作り出すこと)が社会記憶の定着に必要であること
  • この4つの脳領域間においてネットワークが形成されており、社会記憶が定着する際には、特に海馬と他の領域とのネットワークがより強固になること

社会記憶は社会行動(社交性)を決定する素因となるため、今回の研究成果が今後、自閉症の病態解明や、社交性の改善方法の開発に寄与することが期待されます。

【出典】
東京農業大学 プレスリリース(PDF)

◇雑感

他者を認識する脳内ネットワークのメカニズムが明らかにされた。脳内ネットワークの過剰な活動が統合失調症と関連し、その活動の弱まりが認知症と関連していると聞く。脳の働きというのは、単なる信号の伝達ではなく、“チームワーク”のように思える。


<関連記事>
統合失調症に海馬の異常が関与
海馬の直接活性化でうつ状態改善

(2017年6月12日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おすすめコンテンツ
記事検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。