難治性うつ病治療に光明

大阪大学は2017年4月25日付プレスリリースで、海馬の神経細胞(ニューロン)を増やし、抗うつ効果をもたらすという、うつ病の新たな治療メカニズムを発見したと発表しています。

研究グループは今回、1型から7型まであるセロトニン受容体のうち「3型」に着目。そのセロトニン3型受容体を刺激する薬物をマウスに投与したところ、「IGF-1」と呼ばれる成長因子の分泌が海馬で増加することを発見しています。

さらに、「IGF-1」が増加することにより、海馬で新たなニューロンが生まれ、抗うつ効果をもたらすことを発見しています。

うつ病の新たな治療メカニズム
(画像はプレスリリースより)

現在、うつ病治療においては、第一選択薬としてSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が広く使用されていますが、それによる寛解率は半数にも満たず、SSRIが効かない難治性うつ病に対する新たな治療薬が望まれているといいます。

今回の研究成果は、SSRIなどの抗うつ薬が効かない難治性うつ病に対する、セロトニン3型受容体をターゲットとした、まったく新しい作用機序を持つ治療薬の開発につながるものと期待されます。

【出典】
大阪大学 プレスリリース

◇雑感
“若返リホルモン”として最近知られるようになった「IGF-1」。このインスリンに似た物質が海馬でニューロンを増やし、その結果、抗うつ効果をもたらすことが分かった。希望の光の薬が効かず、何度も打ちひしがれた一人として、今後を注目したい。

<関連記事>
運動がうつ病の予防・改善に有効
抗うつ薬SSRIが脳を幼若化

(2017年6月14日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。