六月病と「3」の壁-他

半夏生の今日7月2日は、ちょうど一年の真ん中の日。正月に『君の名は。』を家族で観に行ったのを懐かしく思い出す。今、夏至を過ぎ、7日に次の小暑を迎えようとしている。明日から始まる182日を、また頑張ろう。穏やかな正月を迎えられるように。

では、先週の折々雑感です。

■古くから「五月病」という言葉が知られていますが、新入生と新入社員では、症状が出始める時期が違ってきているようです。

「六月病」という言葉をよく目にするようになった。メンタルの不調を訴える新入社員が、5月ではなく6月に急増するらしい。“3日、3か月、3年”。亡くなった伯父から昔、こんな言葉を聞いた。30年前の当時、3日、3か月の“壁”を無事乗り越えられたのは、上司や先輩や同期のお蔭かもしれない。
(2017.6.26 Twitter@kokorogより)

■インターネットの普及とともに、加害者の家族や親族も“被害者”になりやすくなったように思います。

ある女性国会議員による秘書への暴言暴行・パワハラが大変な話題になっている。あの号泣県議を遥かに凌ぐ強烈な衝撃を世の中に与えた。しかし、心配されるのは、彼女の家族や親族である。彼女自身が叩かれるのは仕方ないが、特に子どもたちに罪はない。「人を呪わば穴二つ」。穴は二つだけに止めたい。
(2017.6.28 Twitter@kokorogより)

前の記事←この記事→次の記事

(2017年7月2日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。