リウマチ治療薬、うつ病に効く可能性

千葉大学は2017年5月31日付プレスリリースで、うつ病の新しい治療法として、炎症性サイトカインの一つであるインターロイキン6(IL−6)受容体の阻害が有効であることを発見したと発表しています。

炎症性サイトカインとは、炎症反応を促進する働きを持つタンパク質の一種で、関節リウマチ患者では、この炎症性サイトカインが過剰に作り出されていることが広く知られています。

研究グループは今回、うつ病のモデルマウスにIL−6受容体を阻害する抗体を静脈投与したところ、即効性の抗うつ効果を示したといいます。なお、脳内に直接投与しても抗うつ効果を示さなかったといいます。

近年、うつ病患者において血液中のIL−6濃度が健常者と比較して有意に高いことが多数報告され、“うつ病の炎症仮説”が提唱されています。

今回の研究成果は、この“うつ病の炎症仮説”を支持するものであり、うつ病患者の約3割といわれる既存の抗うつ薬が効かない治療抵抗性の患者に対する新たな治療法の開発につながるものと期待されます。

【出典】
千葉大学 プレスリリース(PDF)

◇雑感
とかく「炎症」を悪者扱いしがちだが、そもそもそれは、人体に対する何らかの有害刺激に対して生体組織が示す、一種の防衛反応であるという。うつ病の炎症仮説が盛んに提唱されている。「脳炎」のカテゴリに、うつ病が分類される日も近いかもしれない。

<関連記事>
慢性疲労症候群で脳の炎症

(2017年7月5日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。