特別が特別でなくなった今-他

七夕を迎えると夏本番という気がする。梅雨明けはもう少し先の東京だが、一昨日は晴れて真夏日となった。七夕の風情のかけらもない立ち呑み屋だったが、その冷えた生ビールは、一週間の疲れを流し、格別にうまかった。さてと、気が重いが今日も淡々と。

では、先週の折々雑感です。

■今回の九州北部の大雨についても、積乱雲が次々と発生し線状に並ぶ「線状降水帯」がもたらしたようです。

大雨特別警報は解除されたが、被害の全貌が未だ見えない。激甚災害に指定された「平成24年7月九州北部豪雨」の再来のようだ。「数十年に一度の、これまでに経験したことのないような、重大な危険が差し迫った異常な状況」の際に出される特別警報。繰り返す異常、一番の頼りは、やはり日常の備えか。
(2017.7.6 Twitter@kokorogより)


■ヒアリと同じく外来生物法により特定外来生物に指定されているアカカミアリも見つかっているようです。水際で食い止められるのか、注目していきたいと思います。

ヒアリが神戸港、名古屋港、大阪港に続き、大井埠頭でも見つかった。繁殖力が極めて高く、定着すれば根絶は困難だという。さて、1853年7月8日、ペリー提督が黒船4隻を率いて浦賀に来航、鎖国中の日本に開国を迫った。164年前の今日、外国生物の来襲の運命をも日本は背負うことになったんだ。
(2017.7.8 Twitter@kokorogより)


前の記事←この記事→次の記事

(2017年7月9日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おすすめコンテンツ
記事検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。