セロトニンを増やすと自閉症改善

理化学研究所と日本医科大学は2017年6月22日付プレスリリースで、発達期における脳内のセロトニンの減少が自閉症の発症メカニズムに関与している可能性を明らかにしたと発表しています。

自閉症患者では、ゲノム異常の中でも特に15番染色体において重複異常が頻出することが知られており、また、脳内神経伝達物質のセロトニンが減少していることが過去の研究で示されています。

今回、共同研究グループがヒトの15番染色体重複と同じゲノム異常を持つモデルマウスを用いて解析したところ、セロトニンを脳内に供給している中脳の縫線核(ほうせんかく)と呼ばれる部位の働きが低下していることを見出しています。

また、発達期のモデルマウスに抗うつ薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を投与したところ、縫線核の働きが回復するとともに脳内のセロトニン量が増加し、コミュニケーション障害など自閉症様の症状も改善したといいます。

今回の研究成果は、セロトニン療法など自閉症治療に関する新たな知見をもたらすものといえます。

【出典】
理化学研究所 プレスリリース

◇雑感
トリプトファンから生成されるセロトニン。自閉症との関係も密接であるらしい。人間にとって欠かすことのできないセロトニンが、体内で合成が困難な必須アミノ酸からしか生成できない。葉酸と同様、やがて必須アミノ酸も妊婦に推奨されるかもしれない。

<関連記事>
自閉症原因:発達期セロトニン異常の可能性
自閉症の根本治療につながる発見

(2017年7月19日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。