54歳の余生-他

一昨日・昨日と東京は冷たい雨になったが、今日からしばらくは夏日が続くという。初春の頃によく使う「三寒四温」という言葉がある。近年では“暑”の場合が多いけれど、今の季節にも当てはまるような気がする。さてさて、体調管理に気をつけないとな。

では、先週の折々雑感です。

■今年の中秋の名月は、満月に少し欠けたようです。

第2四半期も終わり、下期が始まった。期末は何かとバタバタ忙しなかったが、ちょっと落ち着いた感じかな。しばらく休みを取っていなかったから何日か取ってみたい。街中でも小さい秋が見つけられるような季節になり、今夜は十五夜。首を上げると痛いのでお月見は無理だが、さあ、天高く、我肥ゆる秋。
(2017.10.4 Twitter@kokorogより)

■「一億総活躍社会」になれば、静かに余生を送っている場合ではないと自ずと思えてくるのかな、などと考えたりもします。

54歳になった。特段の感慨もないのだけれど、気づいたら人生の折り返し地点をとうに過ぎている。昔だったら既に天寿を全うしていても不思議ではない歳になったと考えると、この先は“余生”という気もする。ただ、静かにそれを送れるような状況でもないので、さあ、老骨に鞭打って今日も頑張るぞと。
(2017.10.7 Twitter@kokorogより)

前の記事←この記事→次の記事

(2017年10月8日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。