オレキシンが恐怖を調節

筑波大学は2017年11月20日付プレスリリースで、脳内物質のオレキシンが、恐怖を感じるレベルを調節し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)で見られる「恐怖記憶の汎化」において重要な役割を果たしていることを発見したと発表しています。金沢大学、理化学研究所、新潟大学との共同研究による成果です。

「恐怖記憶の汎化」とは、恐怖を感じた時に聞いた音、匂いなどの感覚、周囲の環境とは正確に同じでなくても、それらと似たものや関連するものである場合にも恐怖を引き起こす現象で、PTSDの典型的な症状であるとされています。

研究グループは今回、特定の神経細胞を任意のタイミングで操作できる遺伝子改変マウスを用いて調べたところ、オレキシンが脳幹の青斑核(せいはんかく)という部位においてノルアドレナリンを作り出す神経細胞(NAニューロン)を刺激し、恐怖に関連した行動を調節していることを発見しています。

また、恐怖記憶は脳の深部に存在する扁桃体という部位に記憶されていますが、オレキシンによる刺激をうけたNAニューロンは、扁桃体の外側部分に働きかけ、あらかじめ成立していた恐怖記憶を汎化させ、恐怖の応答を強めることを発見しています。

さらに、オレキシンから青斑核への信号や、NAニューロンから扁桃体への信号を人工的に弱めたり/強めたりしたところ、恐怖を感じなくなったり/強い恐怖反応を示すようになったといいます。

恐怖を感じるレベルをオレキシンが調節していることが判明したことから、オレキシンの働きを妨げる物質を用いれば、PTSDの症状を緩和できる可能性があります。ちなみに、オレキシンの働きを妨げる薬剤(オレキシン受容体拮抗薬)を用いた不眠症治療薬※が既に実用化されています。
※製品名「ベルソムラ」(一般名:スボレキサント)

【出典】
筑波大学 プレスリリース(PDF)

◇雑感
現在の第一選択薬はSSRIだといい、日本には未だPTSDの適応を有する治療薬がない。今回、PTSD治療の前途に光明が見出されたといえる。しかも、既存のオレキシン受容体拮抗薬が応用できる可能性もあるので、治療薬の実現は、少なくとも遠い将来ではないと思われる。

<関連記事>
PTSD、トラウマ直後のケアが重要

(2017年12月21日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2018 「うつ」の心に癒しを。