振り返る365日は、いつも-他

今日は大晦日。皆さまにとって来る戌年2018年がどうか健やかで穏やかな年でありますように。この「折々雑感」も、取るに足りない些事ばかりではありますが、まあ、雑感などそんなものだと寛大にお許し頂ければ幸いです。兎にも角にも、この一年、ありがとうございました。

では、先週の折々雑感です。

■気象庁のHPによると、ラニーニャとは逆のエルニーニョは、スペイン語で“幼子イエス・キリスト”を意味するそうです。

ラニーニャ現象の影響なのだろうか。ここ数日、北日本の日本海側を中心に大雪となっている。稚内のJR宗谷本線では雪をかき分けて進むラッセル車が、雪に乗り上げて脱線するという珍しい事故が起きた。ちなみに、ラニーニャはスペイン語で“女の子”の意味。この大雪、「魔女の宅急便」のお届け物か。
(2017.12.27 Twitter@kokorogより)

■相田みつをさんの言葉です。“昨日のいのちは、どこを探しても、もうないんだよ。あしたのいのちはあしたになってみなければわからない。”

今日は仕事納め。去年と同様、なんとか無事に年が越せそうなことに感謝したい。1日、2日、3日と数え上げる365日は、とても遠くに感じるけれど、振り返る365日は、いつもあっという間だ。ある意味で記憶力の悪さの賜物かもしれない。まあ、前後の諸事はともかく、「今、ここ」をどう生きるか。
(2017.12.28 Twitter@kokorogより)

前の記事←この記事→次の記事

(2017年12月31日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2018 「うつ」の心に癒しを。