スキンシップが乳児の脳活動を高める

京都大学は2017年12月27日、研究成果として、乳児にとって他者に身体を触れられる経験が、その脳活動に影響を及ぼすことを明らかにしたと、ホームページ上で発表しています。

これまで、発達初期の乳児にとって、他者との身体接触を介した関わりは社会的な絆を強め、乳児の心身の成長に重要であると指摘されて来ましたが、具体的にどのような影響を及ぼすのかについては不明だったといいます。

研究グループは今回、生後7か月児28名を対象に、成人の調査者が乳児と“くすぐり”で遊びながら、ある単語を調査者が発して乳児に聞かせ、その際の乳児の脳波を測定しています。

調査者とくすぐりで遊ぶ乳児
(画像はホームページより)

その結果、「身体に触れられずに単語を聞いた」場合に比べて「身体に触れられながら単語を聞いた」場合に、より高い脳波活動が見られ、また、くすぐりに対してよく笑った乳児ほど、単語を聞いた時に高い脳波活動を示したといいます。

今回の研究は、他者と身体を触れ合いながら話しかけられる経験が、学習などに関わる脳活動を促進する可能性を示すものであり、今後、科学的根拠に基づく発達支援に役立つものといえます。

【出典】
京都大学 研究成果

◇雑感
親子が見つめ合うという双方向の交流が、子どもの社会性を育むといわれる。今回の研究では、身体の触れ合いが、子どもの脳活動を高めることが明らかにされた。これらのアイコンタクトやスキンシップ、子どもにとっては勿論、大人にとっても非常に大事なものであるように思う。

<関連記事>
重い自閉症、見つめ合いでの脳反応弱い

(2018年2月27日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2018 「うつ」の心に癒しを。