春の弥生の-他

春一番が吹き、今日はさらに気温が上がり20℃近くに達するそうです。ところで、四季の日本では、季節の変わり目を「風」で感じているように思います。春一番、白南風、初風、木枯らし1号。様々な風に名前がつけられ、自然と一体となって暮らして来たことを思い巡らせます。

では、先週の折々雑感です。

■薬を飲んでも、目薬をさしても、目のかゆみだけはどうにもなりません。本当にどうしたものでしょうか。

今朝、最寄り駅までの並木道を歩いていたら、日だまりでハクモクレンが咲き始めているのに気づいた。もうそんな季節なんだあ。時の流れの早さも実感した。ただ、春の訪れへの期待と、花粉の到来への憂鬱が、心の中で相半ばする。鼻水は止められても、目のかゆみは止まらない。花粉将軍の手強さを実感。
(2018.3.2 Twitter@kokorogより)

■3月3日は「耳の日」でもあります。昭和31年に日本耳鼻咽喉科学会により制定され、今年で63回目となるそうです。

一昨日の春の嵐が春一番とされた。通常の春一番の2倍以上の強風が吹き荒れ、気温が急上昇した一方、北海道では数年に一度の猛吹雪となった。緯度10度の差は大きい。今日は雛祭り。僕は4番の歌詞が好き。着物をきかえて帯しめて 今日は私も晴れ姿 春の弥生のこの佳き日 なにより嬉しいひな祭り♪
(2018.3.3 Twitter@kokorogより)

前の記事←この記事→次の記事

(2018年3月4日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2018 「うつ」の心に癒しを。