憲法とは画餅か-他

東日本大震災から7年。あの日の事は忘れない。今日も仕事だが14時46分には黙祷を捧げたい。NHKが実施した調査によると、復興の遅れを感じている被災者が6割以上に及ぶ。「復興五輪」を掲げる2020年東京五輪・パラリンピック。あと2年、その姿を世界に示したい。

では、先週の折々雑感です。

■春愁(しゅんしゅう)に悩まされたときは、寄せては返す穏やかな波の音を聞きながら、ゆったりと過ごすと良いかもしれません。

心浮き立つはずの春だが、なんとなく心が晴れずに気持ちが塞ぐ。これを「春愁」というらしい。季節柄のせいなのか、長引く腰痛のせいなのか、花粉症の薬のせいなのか、最近、気力の低下をはっきり自覚する。仕事はなんとかこなせているからいいのだが。充電が必要か。春の海ひねもすのたりのたりかな。
(2018.3.6 Twitter@kokorogより)

■平和にしても同じことではないか、という気もします。

札幌のアパートで82歳の母と52歳の娘の遺体が発見された。いずれも飢えと寒さで死亡したという。今、「8050」問題や「7040」問題が深刻化している。「老老介護」問題しかり、「認認介護」問題しかり。健康で文化的な最低限度の生活を営む権利をすべての国民が有する日本。憲法とは画餅か。
(2018.3.8 Twitter@kokorogより)

前の記事←この記事→次の記事

(2018年3月11日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2018 「うつ」の心に癒しを。