「おなかナビ」で過敏性腸症候群の調査開始

東北大学は2018年1月26日付プレスリリースで、腹痛や下痢/便秘といった症状などを簡単に記録できるiPhone用アプリケーションを開発し、このアプリを用いた過敏性腸症候群の神経活動調査を開始したと発表しています。

このiPhone用アプリは「おなかナビ」と名づけられ、世界基準に沿った過敏性腸症候群の症状に関する質問への回答機能の他、腹痛や下痢/便秘などの症状を記録できる機能や、これらの症状に関連するとされている自律神経活動について記録できる機能が備えられています。

「おなかナビ」アプリ概要
(画像はプレスリリースより)

今回の研究に参加することで、参加者自身で過敏性腸症候群の可能性について調べることができ、腹痛や排便状態、心身のストレス度を記録することができます。また、「おなかナビ」の記録を医療機関に提示することで、診療の手助けにもなると期待されています。

過敏性腸症候群は、心理的なストレスが引き金となり腸の運動に異常を来し、腹痛や下痢/便秘を繰り返すなどの様々な症状を呈する、心身症の代表的な疾患とされています。また、症状の度合いによっては、生活の質(QOL)が著しく低下する場合があるとされています。

【出典】
東北大学 プレスリリース(PDF)

◇雑感
過敏性腸症候群の世界的研究拠点でもある東北大学が「おなかナビ」を開発した。日本人成人の7人に1人が罹患し、患者数は800万人と推定される。“現代はストレス社会である”は、もうとっくに言い古された言葉になってしまったが、深刻さが増している最新の問題でもある。

<関連記事>
ストレスと過敏性腸症候群の新たな知見

(2018年4月11日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2018 「うつ」の心に癒しを。