ルパンの身柄確保-他

街を歩いていると、ジャスミンの香りがあちこちで漂っている。日差しの強さが増し、晩春という感じがする。昨日のこどもの日、故郷の新中川では、鯉のぼり祭が行われていた。南風が強く、鯉たちが勢いよく群泳していた。GWも最終日。今日は休暇。少しのんびりと過ごしたい。

では、先週の折々雑感です。

■松山刑務所大井造船作業場からの脱走劇。塀はなくても周りは海に囲まれているので、島の中に潜伏しているものと誰もが思っていましたが、卓越した身体能力で海を渡り切り、島からも抜け出したというから驚きです。

脱走した常習窃盗犯の男が、22日ぶりに身柄を確保された。小中学校でのあだ名が「ルパン」。出来過ぎた話だが、事実ならそのプライドに賭けて逃げていたのだろう。塀のない作業場へ移送された模範囚に何があったのか。刑務官との人間関係が嫌になったと漏らす。ルパンと違い彼には堪え性がなかった。
(2018.5.1 Twitter@kokorogより)

■我が日本国憲法の前文、昔はとても美しい文章だと思っていましたが、石原慎太郎氏などの指摘を踏まえて読むと、その美しさが次第に薄れてきました。

「この憲法を確定する」ではなく「この憲法を制定する」である。「諸国民の公正と信義に信頼して」ではなく「諸国民の公正と信義を信頼して」である。そもそもこのフレーズの意味は何なのか。変えるとか変えないとかは別にして、まずは前文の何が問題なのかを理解してみたいと思う。今日は憲法記念日。
(2018.5.3 Twitter@kokorogより)

前の記事←この記事→次の記事

(2018年5月6日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2018 「うつ」の心に癒しを。