腰抜けの監督とコーチ-他

日大アメフト部反則タックル事件。宮川選手の会見もそうだが、市議であるお父さんも立派だ。売名行為と言われかねないから来春の選挙には出ないという。一方、付け焼き刃で行われた監督とコーチの会見。「正直」という言葉の多さに正直驚いた。自称正直者は、やはり胡散臭い。

では、先週の折々雑感です。

■熱も上がり、どうも風邪だったようです。ちょうど2か月前の不調以上に、大きく体調が崩れてしまいました。

一昨日から鼻水が止まらない。昨日会社帰りに耳鼻科を受診した。風邪かもしれないとのこと。自分でも風邪なのかアレルギーなのか分からない。今日は眼科の定期検査のため休暇を取っていたのでゆっくりしたい。しかし、昨日と今日で約1万円の出費。まあ、体が資本、惜しんで壊しては、元も子もないか。
(2018.5.22 Twitter@kokorogより)

■日大アメフト部の宮川選手の終始落ち着いた誠実な姿勢に感動を覚えました。そして、「潔さ」が身を守ることを教えられました。

昨日に続き今日も休むことにした。会議の予定も入っているが、無理をしない方が良さそうだ。昨日の午後、日大アメフト部の宮川選手の会見をずっと見ていた。「顔を出さない謝罪はない」として、リスクを覚悟の上で会見に臨んだ。一方、監督、日大側の対応に批判が集まる。もう猿芝居は止めては如何か。
(2018.5.23 Twitter@kokorogより)

前の記事←この記事→次の記事

(2018年5月27日掲載)
スポンサーリンク
この記事へのコメント
1. Posted by ひなたあきら   2018年05月30日 20:56
5
全くその通りですね。
当事者の方が落ち着いていて、本当は彼らを守るべき周囲の大人たちが後手後手で保身に回っています。
付け焼き刃はすぐに見抜かれるというのに。
2. Posted by 運営者どすこい   2018年05月31日 05:46
ひなたあきらさん

そう思います。反則タックルをした選手としては、「裏切られた」という気持ちも非常に強いのではないかと思います。
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2018 「うつ」の心に癒しを。