束の間の31℃の涼-他

東から西へと進んでいる極めて異例な台風12号。昨日、東京でも特に夕方から風雨が強まった。外回りの仕事を早々に切り上げて帰る道すがら、アブラゼミの盛んに鳴くのを聞いた。雨の中でも鳴くものなのだ。この後、西日本を横断する恐れがある。先の豪雨被災地が心配である。

では、先週の折々雑感です。

■青梅で40.8℃を記録し、東京で初の40℃超えとなりました。これからハイシーズンの納涼船や納涼花火大会。しかし今や、「納涼」というのは、室内でしか味わえなくなったのではないでしょうか。

熊谷で41.1℃を記録し、史上最高気温を更新した。よく「うだる」ような暑さというが、これは「茹でる」が転じた言葉。まさに熱湯の中でぐつぐつと煮られるような暑さ。心頭滅却すれば火もまた涼し。この殺人的な暑さ、心の持ち方次第でどうにかなるものか。立派な教えを真に受けると、命に関わる。
(2018.7.23 Twitter@kokorogより)

■今年の異常な暑さで水温が上がり、のぼせる危険があるとして夏休みのプール開放を中止する小学校が相次いでいるそうです。気象庁の言うとおり、今年の暑さは「災害」だと思います。

今日の東京は涼しかった。といっても、最高気温は31℃。涼も一時、すぐまた酷暑が戻るという。そして今、台風12号が北上、週末の本州を縦断する恐れがある。土曜日は隅田川花火大会。去年に続き今年も生憎の雨か。来週は毎年観に行く江戸川区花火大会。納涼は望めなくても、どうか晴れますように。
(2018.7.26 Twitter@kokorogより)

前の記事←この記事→次の記事

(2018年7月29日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2018 「うつ」の心に癒しを。