名のみの秋、終わり間近

台風一過の昨日、東京でも22日ぶりに猛暑となった。ただ、日盛りの日を浴びても、汗が噴き出して止まらないということはなく、季節の移ろいを肌で感じた。今年の24時間テレビのテーマは「人生を変えてくれた人」。僕の場合は、うつの原因の元上司Yか。逆縁の菩薩として。

では、先週の折々雑感です。

■気象庁のデータによると、台風の発生数のこれまでの最多は、1967年の「39」個だそうです。

19号がやって来て、20号もやって来る。災害級の暑さで身心ともにまいっているところに、追い討ちをかけるようなこの蒸し暑さ。恨めしく思うが、これを晴らす術がない。立秋を過ぎても3か月、彼岸を過ぎても1か月ほどはクールビズ。今年は40号くらいまでいくのかしら。秋は名のみの風の暑さや。
(2018.8.22 Twitter@kokorogより)

■台風20号がやって来た朝、ちょうどタイミングが悪く、猛烈な雨と風の中を最寄り駅まで歩くはめになりました。

台風20号が近畿地方を縦断し日本海に抜け、さらに北海道へ進む。淡路島の風力発電の風車が根こそぎ倒れるとは、どれだけ強い風が吹いたのか。台風一過、また猛烈な暑さが戻るという。さて、今日から24時間テレビ。楽しみにしているわけではないが、いつものことで、今夏の終わりの間近さを覚える。
(2018.8.25 Twitter@kokorogより)

前の記事←この記事→次の記事

(2018年8月26日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2018 「うつ」の心に癒しを。