フルスルチアミン、運動意欲を高める

筑波大学は2018年7月13日付プレスリリースで、ビタミンB1誘導体である「フルスルチアミン」に、自発的な身体活動性を高める作用があることを、ラットを用いた研究で明らかにしたと発表しています。武田コンシューマーヘルスケア(東京都千代田区)との共同研究による成果です。

研究チームは今回、ラットの腹腔内にフルスルチアミンを投与し、投与後の自発行動量と、意欲を司る前頭皮質内のドーパミン濃度を測定しています。その結果、自発行動量が増加していること、前頭皮質内のドーパミン濃度が上昇していることが確認されています。また、フルスルチアミンの濃度を高めるほど、自発行動量が増加することも見出されています。

フルスルチアミンは、ビタミンB1よりも組織移行性や吸収性に優れており、体内でチアミンとそのリン酸化エステルに代謝されて作用しますが、チアミンは脳機能を正常に維持する上で重要な役割を果たすと考えられています。

運動やスポーツなどの身体活動は健康の維持や増進に有効ですが、その継続は難しいことが知られていることから、研究チームは、今後、フルスルチアミンが自発的な身体活動性を高めることで運動の継続に寄与し、ひいては身心の活力向上に資する可能性を追求していくとしています。

【出典】
筑波大学 プレスリリース(PDF)

◇雑感
アリナミンの成分で疲労に効くというイメージしかなかった「フルスルチアミン」だが、運動意欲を高める作用もあることが今般判明した。運動意欲を高めるということは、広く精神活動を高める可能性がある。そうだとすれば、脚気や疲労に留まらず、健康に欠かせない成分になる。

<関連記事>
心を癒す「ビタミン」

(2018年9月13日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2018 「うつ」の心に癒しを。