軽い運動で記憶力が向上

筑波大学は2018年9月26日付プレスリリースで、軽運動(心拍数は100拍/分以下程度、主観的にはかなり楽だと感じる程度の運動)を10分間行うと、その直後に記憶力が向上することを、ヒトでの実験で世界で初めて明らかにしたと発表しています。

運動は、脳、特に学習や記憶を担う海馬において、神経細胞を活性化したり、新たな神経細胞を産生させる(神経新生)効果があることが最近の研究で判明し、認知症予防策としても注目を集めていますが、これまで最適な運動条件について定まったものはなかったといいます。

研究グループは今回、健常若齢成人36名を対象に、軽運動条件下(最大酸素摂取量の30%での10分間のペダリング運動)と安静条件下のそれぞれにおいて、記憶テストをfMRI装置の中で実施しています。

その結果、軽運動条件下では、海馬の活動と共に、海馬と周辺領域のネットワークが活性化することが明らかになっています。また、海馬と周辺領域のネットワークが活性化した人ほど、記憶テストの成績が高いことが明らかになっています。

研究グループでは、今回の研究成果を足掛かりとして、記憶力の低下した高齢者や精神疾患患者でも同様の効果が得られるか、また、軽運動を長期間繰り返すことでどのような効果が得られるのかを今後検証していきたいとしています。

【出典】
筑波大学 プレスリリース(PDF)

◇雑感
心身の健康法として盛んなヨガや太極拳。これらのような軽い運動が記憶力をも高めることが判明した。5人に1人が認知症の時代。糖尿病と高血圧が大きなリスクファクターだという。予防策に必ず掲げられるのが「適度な運動」。習慣化のためにも「辛くない運動」が良さそうだ。

<関連記事>
高強度インターバル運動が心身の活力をアップ

(2018年10月17日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2018 「うつ」の心に癒しを。