神奈川県が依存症専門医療機関を選定

神奈川県は2018年10月31日付プレスリリースで、依存症患者が地域で適切な医療を受けられるようにするために、アルコール健康障害・薬物依存症・ギャンブル等依存症に関する治療を行っている県内の依存症専門医療機関を選定したと発表しています。

今回選定された依存症専門医療機関は、依存症に係る所定の研修を修了した医師等を配置し、依存症に特化した専門プログラムを行うなど、依存症に関する専門的な医療を提供できる医療機関だといいます。

選定された医療機関、診療対象とする依存症は、次のとおりです。
なお、ここでは、アルコール健康障害は[アルコール]、薬物依存症は[薬物]、ギャンブル等依存症は[ギャンブル]と表示しています。

■大石クリニック
横浜市中区弥生町4-41
[アルコール][薬物][ギャンブル]

■神奈川県立精神医療センター
横浜市港南区芹が谷2-5-1
[アルコール][薬物][ギャンブル]

■神奈川病院
横浜市旭区川井本町122-1
[アルコール]

■北里大学東病院
相模原市南区麻溝台2-1-1
[アルコール][薬物][ギャンブル]

■久里浜医療センター
横須賀市野比5-3-1
[アルコール][ギャンブル]

■みくるべ病院
秦野市三廻部948
[アルコール][薬物]

【出典】
神奈川県 プレスリリース

◇雑感
○○依存症と○○に入るものは非常に多い。アルコール、薬物、ギャンブルの他、ニコチン、カフェイン、買い物、インターネット、恋愛、性・・・。依存症とはコントロール障害(自分の意思では止められない病気)だという。現代に溢れる依存症。一人で抱え込まないことに限る。

<関連記事>
依存症のメカニズム
国内初「薬物依存症治療センター」開設

(2018年11月14日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2018 「うつ」の心に癒しを。