働けど働けど…-他

昨日は冬至。土日の仕事に出かける朝は、まだ日の出前で暗い。だんだん明るくなって来ると思うと、気分も少しは軽くなる。今年も残すところ一週間余り。栄養ドリンクの電車内広告にもある。我が身にも、いろいろあった平成の30年。おつかれさまでした。さ、ラストスパート。

では、先週の折々雑感です。

■ふと、昔の交通安全スローガンを思い出しました。「せまい日本 そんなに急いで どこへ行く」。

JR東日本がエスカレーターの“追い越し車線”対策に乗り出した。まず東京駅で試行するという。今では“マナー”となっている片側空け。ところで、僕が見た限り、東京では右側を空け、仙台では左側を空けている。大阪では左側を空けるのだとか。地域文化に根付いているとすると、長い道程かもしれない。
(2018.12.20 Twitter@kokorogより)

■日本生産性本部の発表によると、我が日本はOECD加盟36か国中でも20位に留まり、実はこのような状況が半世紀近く続いています。少子高齢化問題も抱える日本に残された活路は、やはり「AI」でしょうか。

『労働生産性の国際比較』が発表された。日本はG7中最下位。過労死が社会問題化し、働き方改革が叫ばれる日本。その労働生産性は米国の3分の2に留まる。「労働生産性の向上は、経済成長や経済的な豊かさをもたらす」とある。働けど働けど楽にならざる。じっと手を見つめる人がこの国には多いのか。
(2018.12.21 Twitter@kokorogより)

前の記事←この記事→次の記事

(2018年12月23日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。