プラセボ効果のメカニズム解明

理化学研究所は2018年11月5日付プレスリリースで、「プラセボ効果」をラットで再現し、偽薬(プラセボ)による効果に前頭前皮質のミューオピオイド受容体が関与していることを明らかにしたと発表しています。

オピオイドはモルヒネ様の活性を持つ脳内の物質で、ミューオピオイド受容体は、そのオピオイドの受容体の一つです。

プラセボ効果とは、薬理作用のないプラセボを服用した患者でも、それとは知らず本物の薬と信じて服用することで、ある程度の治療効果が出る現象をいいます。しかし、その詳しい神経生物学的基盤については、未だ解明されていないといいます。

研究グループは今回、慢性的な神経障害性疼痛を起こしたラットを用いて、小動物でのプラセボによる鎮痛効果を、パヴロフの条件付けを利用して再現し、その神経生物学基盤の解明を目指しています。

まず本物の鎮痛薬を4日間繰り返し投与した後、5日目にプラセボとして生理食塩水を投与したところ、有意な鎮痛効果を示す個体が現れ、プラセボによって疼痛を抑制する神経系が活性化されたことを示す結果を得ています。

次に、プラセボ効果に関わる脳領域を同定するため、プラセボ効果を示した個体と示さなかった個体の脳をPETで撮像し、脳の活動領域を比較したところ、プラセボ効果を示した個体では、前頭前皮質の特定領域で神経活動が上昇していることが明らかにされています。

さらに、ミューオピオイド受容体の阻害薬を投与するとプラセボ効果が遮断されることが確認され、プラセボ効果がミューオピオイド受容体の制御を受けることが初めて明らかにされています。

研究グループでは、今後、特定の神経回路を選択的に制御できる遺伝子工学的な手法と組み合わせることでプラセボ効果の全貌を明らかにし、心理活動と脳・身体機能の相互作用の基本原理の理解を目指したいとしています。

【出典】
理化学研究所 プレスリリース

◇雑感
溺れる者は藁をもつかむ。うつの渦中、数々の藁をつかんだが、確かな光は薬だった。新たな薬を試すときには大きな期待を懸け、それだけで気分が少し晴れた。「喜ばせる」「満足させる」という意味のラテン語が語源の「placebo」。期待という“偽薬”も馬鹿にできない。

<関連記事>
実薬に勝る「医師という薬」-他

(2019年1月24日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。