「嵐」活動休止の衝撃-他

今日は節分。恵方巻に関連しても話題になったが、日本では年間6百万トン以上の「食品ロス」が発生しているという。消費者庁が啓発に乗り出してはいるが、果たして実効は上がっているのか。もったいない思想を捨てる近年流行りの「断捨離」。ある面で相容れないのかなと思う。

では、先週の折々雑感です。

■早くも2021年には“嵐ロス”が起こるともいわれ始めています。“安室ロス”以降の大きな「ロス」が広がるのかもしれません。

「嵐」が2020年をもって活動を休止する。その電撃的な発表に僕でさえ非常に驚いたくらいだから、ファンにとってはさぞ衝撃的だったに違いない。大野君の求める「自由な生活」に他のメンバーが同意した形だという。自由な生き方ほど辛い生き方はないとも思うが、そう思えたら、また復活してほしい。
(2019.1.28 Twitter@kokorogより)

■頭の中で音楽が流れ続けて止まらないのを“イヤーワーム”というそうですが、これも一種の“幻聴”なのでしょうかね。

最近頭の中でよく流れているのが、木村充揮さんの歌う♪ケサラ〜ケサラ〜ケサラ〜今日の一日を〜争うことなく暮らせるように〜♪の「ケサラ〜CHE SARA〜」。本当の歌詞を勝手にアレンジしてしまっているのだが。ヘビーローテーションでも聞き飽きないのは、今の心と同調しているからだろうか。
(2019.1.31 Twitter@kokorogより)

前の記事←この記事→次の記事

(2019年2月3日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。