ADHDとASDの併発、光トポグラフィーで診断支援

日立製作所、自治医科大学、国際医療福祉大学、中央大学は2019年2月8日付プレスリリースで、注意欠如・多動症(ADHD)患者が自閉スペクトラム症(ASD)を併発しているかどうかの早期診断を支援するための基礎技術を開発したと発表しています。

今回発表された基礎技術は、ADHD患者が初めて治療薬を服薬した時の脳反応を光トポグラフィーで計測してASDを併発しているかどうかを自動解析するもので、約82%の正確度で予測できることを確認したといいます。

従来、ADHDとASDの併発の有無を見極めるには数か月にわたる経過観察が必要であったところ、本技術を活用することにより、2時間程度の短時間で併発を診断できる可能性が今回示されています。

研究グループでは、今後、臨床研究を通じて本技術の開発を進め、神経発達症患者に対し健やかな発達を支援できる社会の実現を目指すとしています。

【出典】
日立製作所 プレスリリース

◇雑感
問診と経過観察に頼らざるを得なかった児童精神科領域においても、光トポグラフィーの検査結果など客観的エビデンスに基づく診断が浸透していくのだろう。ふと思う。診断支援技術が飛躍的に進んだ近未来において、医師の熟練の技というのは、どこで発揮されるのだろうか、と。

<関連記事>
ADHD症状を光トポグラフィーで可視化

(2019年3月13日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。