介護士の長引く腰痛、心理的ストレスも影響

東京大学は2019年3月21日付プレスリリースで、介護施設で働く介護士の腰痛が長引くリスク因子は、心身のストレス反応を示唆する身体愁訴が多いこと、腰痛を過度にかばう思考であることが、大規模な観察研究で判明したと発表しています。

介護士の数は高齢化の進展により増加が見込まれている一方、腰痛による休業件数が増え続けており、その腰痛対策は喫緊の課題と考えられています。これまで介護士の腰痛については、「重い荷物を持ったりする」「不良姿勢」といった腰への過度な負担のみに焦点があてられ、心理的要因を検討した大規模な観察研究は、ほとんど行われてこなかったといいます。

そこで、研究グループは今回、介護施設で働く介護士に限定した観察研究を立案し、石川県内にある95の介護施設に勤務する介護士1704名から得た自己記入式質問票への回答データを分析しています。

その結果、仕事に支障を来すほどの腰痛が3か月以上続いている重度の腰痛と統計学的に有意に関連していたのは、次の3項目であることが見出されています。
  1. めまい、肩こり、目の疲れ、動機息切れ、胃腸の不調、食欲低下、睡眠障害といった身体愁訴が多いこと
  2. 抑うつや不安といった要素を含む心理的要因が強いこと
  3. 腰痛を過度にかばう思考が強いこと

今後、本研究で明らかになったリスク因子を加味した教育や対策を標準化することにより、社会問題となっている介護士の腰痛による休業件数が減少し、さらに、労働生産性が向上することが期待されます。

【出典】
東京大学 プレスリリース(PDF)

◇雑感
抗うつ薬である「サインバルタ」が慢性腰痛症に伴う疼痛の適応追加を取得したのが3年前。サインバルタについては、糖尿病性神経障害や線維筋痛症、変形性関節症の疼痛にも適応が認められている。心理的ストレスと慢性的「痛み」とは、やはり関係があるのだなと改めて思った。

<関連記事>
「うつの痛み」実態調査

(2019年5月21日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。